夏のスキー場を自転車で駆け回れたらなぁ…。

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

夏のスキー場を自転車で駆け回れたらなぁ…。

夏の山もこれから気持ちの良いアウトドアスポットになってくる時期ですね~。
そんなオフシーズンのスキー場で、自転車を使ったアクティビティを楽しめたら最高だなと、
ハヤサカサイクルでは実際に仙台近郊のスキー場さんと検討を進めておりまして…、

その事業内容を応募した「仙台市交流人口ビジネス表彰」というコンテストで…、

なんと当社はアイデア部門 大賞を受賞致しました!

162件もの新規事業アイデアが応募された中の…、第1位

この時代さらにはコロナ禍において、地域にも人にも環境にもとても魅力が高い内容と評価頂いたのだと思います。

この事業に限らず、ハヤサカサイクルではバイクや自転車を楽しめるアイデアを日々思い描き、
みなさんと二輪をもっと楽しめる環境を作っていこうと奮闘しております。

みなさんも「こんな場所があったらな…」「こんなことがしてみたいな…」といったアイデアを、
ハヤサカサイクルへご来店の際にはスタッフに是非聞かせてください。
もしかしたらそのアイデアが…現実になるかも。

仙台市交流人口ビジネス表彰 アイデア部門 大賞の授賞記事は、
仙台市ホームページに掲載されていますので、こちらも是非見てみてくださいね!

https://www.city.sendai.jp/contentsoushutsu/koryujinkou/2020/hayasakasycle.html



<下記、授賞記事全文>

アイデア部門 大賞 株式会社早坂サイクル商会
「夏のスキー場の大自然を自転車で遊び尽くす、新しいアウトドアコンテンツを仙台に!」

受賞したアイデアは、スキー場の広大なゲレンデや自然を活かし、一般的なサイクリングコースとは違った楽しみ方ができる大規模な自転車フィールドをつくるというもの。

「このコロナ禍において、自転車が移動手段としても楽しみとしても、世界中で人気が高まっている」と話すのは、株式会社早坂サイクル商会の鈴木大地さん。自転車に乗る楽しみをまた新たにつくっていきたいと考えた中で生まれたのが、スキー場を利用した「舗装された道路では味わえない」自転車体験の構想だ。

子供から大人まで、体力のある人もない人も、リフトを使い自転車と共にコース頂上へ登ることができ、広大な自然を満喫しながら自転車で技術に合わせた様々なコースを駆け下りることができるのが最大の魅力だ。電動アシスト付きの自転車を利用して「逆にスキー場の坂を下から上へ登っていく」という遊び方も楽しめる。

実現に向けて協議中というスプリングバレー仙台泉スキー場は、仙台市の都市部エリアからもアクセスしやすいのも大きな魅力。周囲の自然も仙台市の持っている魅力的な観光資産であり、「そういった観光資源と自転車がコラボすることで、観光事業としていろいろな広がりをつくっていけるのではないか」と展望を語る。

もともと、CO2の削減や都市部における道路の混雑の解消などの観点から世界的に人気・需要が高まっていた自転車。まずは「気軽に体験しながら、エコにつながる、密を避けられる楽しみなんだと感じ取ってもらえたらうれしい」とのこと。

創業80年近い老舗として、「仙台市の抱える課題について自分たちにできることは何か」を模索しながら、観光地としての魅力だけではなく「仕事も生活も充実させられる、住みたい街として国内外に仙台市の魅力を発信していきたい」と語った。