フリーパワー取り付け済の小径車 Root Oneの試乗車が到着!!

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

フリーパワー取り付け済の小径車 Root Oneの試乗車が到着!!

「寒い!」今朝からこのワードを何回連呼しただろうか・・・(´д`)
仙台も朝夜だけではなく、日中の寒さも日に日に増してきていますよ(-_-)
当たり前の事ですが、うがい・手洗い、消毒、保温、栄養摂取をして健康管理を徹底しましょう!

ご無沙汰しておりますm(_ _)m 仙台中央店のナルミです!

表題の通り、本日は株式会社OSCサイクルより話題のRoot Oneの試乗車を借り受けました!
OSCサイクル? そう!FREE POWERを開発・販売されているメーカーですね!
Root Oneについては、以前から当店をご利用のお客様からもお問い合わせを頂いておりましたが、
満を持して11月1日(日)から販売開始となりました!

今回、お借りした試乗車は2台。type Sとtype Fという物になります。
フレーム形状は下写真の2種類となります。スカートやワンピースをお召しになる女性や
フレームを跨ぐ際の足上げ動作に不安がある高齢の方はtype Fが乗りやすいと思います。

写真 左がtype F 同右がtype S

このページのコンテンツ

試乗レビュー

さて、Root One実際に乗ってみた感想ですが・・・
率直に言うと、既存のフリーパワー搭載車と比べて『フリーパワーの効果が分かり易い!』です。
ハンドルの形状、サドルの形状(シートチューブの角度、サドルの形状)、クランクの長さ、位置関係から、クランク内部のシリコンゴムに踏んだ力が伝わりやすい様です。

骨盤が安定しやすいサドル

既存車両にフリーパワーを取り付けた場合、ペダルを漕いで内部のシリコンゴムの反発力を得るために「立ち漕ぎをする時の様に漕いでください」とか「時計に例えて12時から5時位置にかけて意識的に踏み込んでください」と、その説明をしていましたが・・・ Root Oneは問答無用、サドルに座ってペダルを漕ぐだけで、今まで説明していた漕ぎ方が自然に出来てしまう。と言うより、そうなってしまうと言った方が良いでしょう。

上記の通り、クランクやサドル、ハンドル、フレームの形状やサイズ、位置関係からくる設計上のメリットが如実に効果として感じられます。サドルは骨盤をサポートしてくれるのでお尻を突き出す感じ?でハンドルは押さえつけるよりは手前に引く感じで更にお尻をサドルに押さえつけて、踏力を出す感じでしょうか?(実際に乗って頂くと直ぐに分かります)

type Sとtype Fはフレーム形状の違いの他に、搭載している変速形式にも違いがあります。
type Sは外装8段変速と時速17㎞/h近辺で自動的に変速が切り替わる自動2段変速という変速機器が設定されています。

自動2段変速のユニット

スペック

気になる販売価格、重量、適応身長は・・・

type S2
車両名type S8 (外装 8 段モデル)
type S2 (自動 2 段モデル)
本体価格70,000 円(税別)
重量約12.5kg
適応身長155〜180センチ
type F3
車両名type F3 (内装 3 段モデル)
type F2 (自動 2 段モデル)
本体価格65,000 円(税別)
重量約16.5kg
適応身長150〜175センチ


type Fはシティサイクルでは馴染みのある内装3段変速と、こちらは時速14㎞/h近辺で自動的に変速が切り替わる自動2段変速が搭載されているモデルが設定されています。また、フロントバスケットとリヤにはクラス18(18kg荷重)対応のキャリヤが搭載されていますのでリヤバスケットの取付が可能です。お買い物など普段使いとして使用するにはtype Fが向いていると思います。

販売を開始しておりますが、実際の納期に関しては応相談となりますので、ご了承くださいませ。

仙台中央店にtype S2とtypeF3がそれぞれ試乗車としてございますので、気になる方、試乗をご希望の方は、スタッフに遠慮なくお声がけください!

試乗可能店舗

仙台中央店

5フロアまるごとサイクルビル!!

  • 住所:仙台市青葉区中央2丁目4-6
  • TEL:022-398-8195
  • FAX:022-217-8195
  • 営業時間:11:00~20:30
  • 定休日:第1火曜日 (祝日の場合翌日休み)