Treadwellの自分色カスタム。

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

Treadwellの自分色カスタム。

Cannondale(キャノンデール)のクロスバイクと言ったらQuickシリーズですが、

同じActive Fitnessラインに展開されるこちら

Treadwell(トレッドウェル)が最近人気です。

「軽量でシンプル」

魅力はこれに尽きると思います。

もし、あえて付け加えるならば、

フリースタイルマウンテンのような武骨なフレーム…

街乗りBMXのような遊び心あふれるハンドルバー…

機能性やコンポーネントグレードに左右されがちな最近のスポーツバイクですが、

自転車としての素のデザインの良さが見て取れるバイクです。

↑純正バスケットスタイル

650B(27.5インチ)サイズで太めなタイヤを履かせることで、

外周長は700Cとそこまで差がないようにしながらエアボリュームがあるため、

都市(まち)のなか特有の障害(歩道の段差などの)を適度にやわらげます。

かといってマウンテンバイクのように重量のあるサスペンションがついているわけでもないので、

クロスバイクのように車体を自由に操りながら、軽やかに走れることが体感できます。

シンプルゆえこのままのスタイルも良し、

眺めていると、

気分によってさまざまなカスタムスタイルが浮かんできます。

このTeadwellには、純正でバスケットが付いているモデルもありますが、

純正でなくても様々なバスケットを付けることが可能です。

今回、このROW(ロウ)フィニッシュが目を引くTreadwell2 LTD。

こちらご成約のお客様は

「もう少し高さがあって、お買い物したものがすっぽり入るバスケットが欲しいな」という事でしたので、

こういった感じに仕上げてみました。

本来Treadwell純正バスケットの場合、フロントフォーク裏の中ほどにあるステーマウントを使って直接バスケットに繋げますが、

今回は、ハブ軸に近いところからステーを伸ばし、バスケット背面はコラム部分からランプ掛けを繋げる方法を取りました。

↑このフォーク裏のマウントは実はQUICKシリーズにもついています。

フォークの股の部分からステーを伸ばすことも可能ですが、バスケットを丁度いい高さにしたいのと設置したバランスをみて、この方法を取ってみました。

当然、バスケットに荷物を載せると、片足スタンドでは不安定になるので、両足タイプのセンタースタンドも付けてます。

これで、ハンドルを振らなければ車体を水平に保つことが出来ます。

乗車時、スタンドは足がまとまってスマートに。

一口に言えば、

バスケットを付けただけ、なんですが、

こんなふうに日常使いにカジュアルなカスタムをしてみたり、

逆にサイクリング用にスポーティにつくってみたり、

Treadwellは乗る人の自分なりのスタイルで遊びをきかせられる1台と言えます。

(QUICK同様に、Bluetoothスピードセンサーも付属してます。)

シンプルだからこそ、

育てていけるデザインバイク。

まだ数点、在庫もございますので、

カスタムも含めたご相談、

「こんなふうにしたら、カッコいいんじゃないか」

ぜひお待ちしてます。

ではまた

みなさんなりのライドを。

(毎日暑いですね。

熱中症にはくれぐれも気を付けて。)

メカニックの今泉でした。

仙台中央店

  • 住所:仙台市青葉区中央2丁目4-6
  • TEL:022-398-8195
  • FAX:022-217-8195
  • 営業時間:11:00~20:30
  • 定休日:第1火曜日 (祝日の場合翌日休み)