簡単にできる日常メンテ

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

簡単にできる日常メンテ

空気圧チェック

初めてスポーツ自転車を購入するのであれば、空気入れは必須です。

スポーツ自転車の適正空気圧は一般的な自転車と比べ、とても高圧に設定されています。高圧でも空気が入れられて尚且つメーターが付いており空気圧が計測できる大型タイプのポンプを用意しましょう。

出先で役立つ携帯ポンプもありますが、手押しだけでは体重がかけられず最後まで入れるのに苦労します。

ただ携帯ポンプも出先でのパンク修理時に必須なのでこちらも用意しておくといいでしょう。

チェーン洗浄

チェーンはペダルを漕ぐ力を後輪に伝える大事な部分です。こまめな点検をおすすめします。

汚れを落とすにはウエスなどにチェーン用のクリーナーをにじませ、フロントギアに付着している汚れを拭き取ります。

次に同じ方法でチェーンのコマを転がすようにして汚れを拭き取ります。後ろの変速機にあるプーリーという2個の歯車にも泥汚れが溜まりやすいので忘れずに汚れを落としましょう。

チェーンクリーナーを使った洗浄

上記の方法でチェーンを洗浄することができますが、より簡単にチェーン内部の汚れを落とす為に、チェーンクリーナーを使った洗浄方法もあります。

チェーンクリーナー内にディグリーザーという洗浄液を本体に3分の1程度入れチェーンに取り付けます。あとはクランクを逆回転させれば、見る見るうちにチェーンの汚れが落ちていきます。最後に、チェーンに残った洗浄液をきれいに拭き取ります。

チェーン注油

チェーンの注油に使用する オイルはスプレータイプ1滴ずつ垂らすタイプの2種類が主流です。

1滴ずつ垂らすタイプは時間がかかりますが、オイル量を調整しやすく、かけすぎがないので、オイル量が少なく済みます。

スプレータイプはかけ過ぎてしまったり、量が調整しにくいですが、簡単に注油することができます。

1滴づつチェーンに垂らすタイプの場合は、ウエスなどにオイルをとり、チェーンを回転させながらまんべんなくオイルを塗っていきます。
スプレータイプの場合はチェーンを回転させながら一通りオイルを行き渡らせたあと、必ず余分な油をウエスで拭き取ります。