ビーチクルーザーとはどんな自転車?

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

ビーチクルーザー

ビーチクルーザーとは?

ビーチクルーザーとは?

ワイドなハンドル、太めのタイヤ、流れるようなフォルムがトレードマークのビーチクルーザー。 後輪ブレーキにコースターブレーキ(べダルを逆回転させるとブレーキがかかる)を採用しているモデルが多くあります。サーフボードをかかえていてもブレーキがかけられるようにと考案されたブレーキシステムです。砂浜まで走る目的で作られたもので、ビーチクルーザーといっても砂浜を走ることはできません。

コースターブレーキ

コースターブレーキ

ビーチクルーザーは後輪ブレーキにコースターブレーキを採用しているものが多くあります。この場合、ハンドル左側にブレーキレバーは存在しません。走行中ペダルを逆回転させることでブレーキがかかるようになっています。ブレーキ自体がないノーブレーキピストとは違いしっかり止まることができるので、道路交通法上も問題ありません。安心してお乗りいただくことができます。

変速とブレーキ

変速とブレーキ

タウニーは後輪に変速ギアがあるため、コースターブレーキではなく、一般的な自転車に使われているものと一緒です。この場合は、ハンドル左側にもブレーキレバーが装着されています。中にはスポーツ車に多く見られるVブレーキがついているものもあります。

サイズ・モデル選び

スポーツ車のように同じモデルで細かくサイズが設定されているわけではありませんが、16インチから26インチと種類が豊富なので、小さなお子さまや小柄な女性、大柄な男性など幅広くお乗りいただけるようになっています。