レア車 Synapse Di2車両まだあります・・!!

重要なお知らせ | ハヤサカサイクル各店の営業日時が変更になります。

レア車 Synapse Di2車両まだあります・・!!

こんにちは~マサです。

昨今、様々なメーカー様の在庫がない世の中となっている最中ではございますが、その中でもマサ的になぜまだこんないい車両が残っているのだと思ってしまう車両をリストアップしてご紹介させてもらいます。

今回はアメリカンブランドのcannondaleより、エンデュランスレーシングバイクのSynapseの紹介を致します。

cannondale 2020モデル Synapse Di2 サイズ51

ハヤサカプライス ¥4◯8,000!!

まずは仕様ですが、2020モデルということで、新モデルではないというところですが、スペックを見ていくと

フレーム→フルカーボン スタンダードMod

メインコンポーネント→SHIMAMNO R8070 アルテグラDi2 2×11速

えーっとですね、結論から言うとめちゃくちゃいい車両です。

つい最近新型が発表されたばかりのSynapseですが、それはそれといわんばかりのハイスペックコストパフォーマンスバイクになっております。

従来から引き継がれている、saveテクノロジーを注ぎこまれているこのフレームは振動吸収を得意としつつ、cannondale独自のBB30を基本とし、踏み込んだ際のトルク逃げを全くさせず、ガンガンバイクを進ませてくれます。

長い距離を走るポイントとして、「柔らかい」という言葉が振動をいなしてくれて~というワードがよく上がりますが、振動吸収が全てになると推進力は失われます。

いなす代わりに進ませる力がなければ自転車は進まないので、長い距離を長い時間をかけて走ることになります。これはすなわちロスが生まれるのです。

ロスを抱え、疲労を蓄積させては意味がないのです。それをさせないために推進力は必要です。

こちらのSynapseはそれを実現させるために「剛性確保」という言葉を退け剛性アップをさせ乗り手の快適性能をそのままにさせるためにホイールベース付近からシートチューブ、ヘッドチューブにかけてフレーム自体に大幅なしなりを生まれさせるように左右異形の構造を大胆に採用することで、カーボンの特性のしなりを最大限に活用している代表作となっているのです!!

冒頭に書いていたエンデュランスレーシングバイクの名の通り、趣味はもちろん、エンデューロやヒルクライムのように淡々と一定出力をかけ続けるシーンにも、うってつけなバイクであると思います👍

そして、気になる金額ですが、本当にお買い得になっております・・・

この機会を逃すと、本当に損をしてしまうモデルになっておりますので、気になった方はまずは現物を見ることを薦めます😅

気になる方は是非ともご相談ください!!

仙台中央店

  • 住所:仙台市青葉区中央2丁目4-6
  • TEL:022-398-8195
  • FAX:022-217-8195
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:第1火曜日 (祝日の場合翌日休み)