カワサキ KLX230 カスタム計画進行中

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

カワサキ KLX230 カスタム計画進行中

みなさんこんにちは。

少し暖かくなったかと思っていたら、大粒の雪が降ってきて驚いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

雪が降りしきるなかでもハヤサカサイクル泉バイパス店は平常営業です。

今日はお店の中でひっそりと行われているカスタム計画の進捗の様子をご紹介いたします。

ベースとなる車両はコチラ↓

カワサキ KLX230です。

他メーカーがABSや排ガス規制の問題で、次世代モデルの開発に苦戦する中でカワサキがいち早く市場に投入したオフロードバイク。フレームはKXシリーズがレースで培ってきた技術のフィードバックを受けて新設計されたもので、軽量で十分な剛性を実現。

動力ユニットはこれまた新設計された空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンを搭載。ピークパワーよりもオフロードシーンなどで重要となる低速でのトルクを重視。スムーズな回転上昇と扱いやすいパワーデリバリーをもたらします。

また、ストロークの長いフロントフォークと動きの良いユニトラックサスが次々と変化する悪路に対応し、タイヤをしっかりと接地させ、動力を効率よく地面に伝えてくれます。

さらに、大光量のヘッドライトを装備し、昼間から夕方になるまで林道遊びをして自走で帰ってくるといった使い方もできる優れものです。トランスポーターを持ってない、これからオフロード入門をする初心者にもやさしいバイクです。

このように素晴らしい特徴をもったバイクなのですが、巷ではあまりよくない評判があがっているようです。

「シートが高すぎる」「大光量のヘッドライトマスクがかっこ悪い」などなど。

これらについてもちゃんと理由があってのことなのですが、世間様にはなかなか受け入れられないようです。

世間の逆境を跳ね返すためにも、KLX230にもっと利便性やフレンドリーさがあればと思うところです。

ちなみに下の画像がカワサキの純正オプションを取り付けた画像です。

メーカーさんには大変申し訳ないのですが、あまりぱっとしませんねえ。

お店の中でもKLXにはなにが足りないのか激論がかわされた結果、この度利便性とフレンドリーさに溢れた

ツーリングカスタム計画が始動することになりました。

それぞれ違った意見が飛び交う中、共通点を見出し次の4つに焦点を合わせることになりました。

①ヘッドライト周りのスタイル(外観)変更

②走行による疲労の低減

③積載性付与

④足つき性向上

そういったわけで色々と用意してみました♪

このほかにも用意していたのですが、画像を取り忘れてしまいました。ゴメンナサイ…。

あらかた組み上がってきた姿がこちらです↓

カスタム一覧

・polisports ヘッドライトマスク

・カワサキ純正 ハンドガード

・カワサキ純正 ハンドルバーパッド

・ZETA ウィンドシールド

・ZETA アルミキックスタンド

・BEET ローダウンリンクロッドSET

・DAYTONA グラブバーキャリア

ヘッドライトマスク

まずはヘッドライト周り。マスクを変えただけでずいぶん印象が変わり、元々の頭でっかちでカワイイ

感じはなくなり、すっかりと精悍な顔つきに生まれ変わりました。

ウィンドスクリーン、ハンドガート、バーパッド

ウィンドシールドとハンドガードを取付。走行風による疲労を軽減してくれます。

ウィンドシールドのブラケット部分はマルチバーホルダーとしても使えそうですね♪

スマホホルダーを装着するなどツーリング時にも役立ちそうです。

リアキャリア

取り回しの際にグラブバーとしても使えるキャリア。

ツーリング先でお土産などの思い出の品が増えても対応に困ることはありません。

ローダウンリンクロッド

部品の見た目はあまり純正と変わりありませんが、これでシート高2cmダウン!

ノーマルで88cmほどの高さが約86cmに下がりました。

数値だけに注目すると、まだまだ足つきが悪そうに感じますが、ノーマルの時のスリリングさはなくなって

ストップ&ゴーを繰り返すような場合でも安心できそうです。

アルミキックスタンド(ショート)

ローダウンするとスタンドをかけた際に車体が地面に対して立ってしまいます。それに合わせて

ショートタイプのスタンドに交換。

ちなみにこちらのスタンド高強度のアルミ素材を使っており、ハードな使い方をするライダーにもおすすめ!

何よりも見た目がGOOD!!

自画自賛ですが、かなり良い出来だと感心していると‥

あれ?

これは…(汗)

ヘッドライトマスクとフェンダーのクリアランス‥というか何というか…。

完全に当たってます!!

見間違いではありません。素直に認めます。まだ作業途中のものを引っ張り出して来たわたしが悪いのです。

まだ試行錯誤が必要になりそうです。

フェンダーの取付ボルトに5mmくらいのカラーか何かをかませればナントカなるのではないかなどと

考えていますが、そこまで簡単にいくかどうか。

ひとまずカスタム計画の様子でした。進捗状況はまた追ってご報告いたします。

ハヤサカサイクル 泉バイパス店

          天野 光雄

泉バイパス店

国内モデル~輸入モデルまで東北最大級のラインナップ。各メーカー正規代理店ならではの安心・安全をご提供いたします。

  • 住所:仙台市泉区松森字後田81-1
  • TEL:022-374-7856
  • FAX:022-374-7857
  • 営業時間:10:00~19:30
  • 定休日:毎週火曜日 (祝日の場合は翌日休み)