【整備工場日記】#1

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

【整備工場日記】#1

今回は初めての更新になります。整備工場よりブログにできそうなことはないかと相談したところ

「今からスパークプラグ交換するけど、載せてみる?」と声が!

しかも車両は、バイク好きなら知らない人はいないであろうバイク、その名は

GSX1300R 隼

「それもらいます!」と即答!笑

作業中のピットにお邪魔して見学。

今回交換に使うプラグはこちら。

NGK MotoDX

標準のプラグはメーカー推奨5000kmで交換なのに対して

このMotoDXは約2倍の8000km~12000kmで交換とのこと。

乗り方によるところも大きいが、効果はどの程度になるのか・・・

ちょっとブレてますがご愛敬。

まずはフューエルタンクを外していきます。写真では持ち上げて固定しています。

ここからさらに奥へ!

いきなり外れてますが、エアクリーナーボックス外れてます。

このあとしっかり養生テープで保護しながら進めていきます。

プラグレンチを使用して、プラグを外していきます。

外したプラグと新品のプラグを見てみましょう。

新品のプラグ
外したプラグ

どうですか?違い分かりましたか?

もちろん焼けているので、色も違いますが先端の電極が削れてしまっていますね。

この状態だと極端な話ですが、燃費が悪くなったり、アクセルを開けた時の加速感も変わってきます。

ちなみにプラグの方によって違いますが、今回のスパークプラグは1本あたり¥1540(税込)となります。

今回は4本なので¥6,160と工賃になります。

普通に乗っていると徐々に減ってくるところなので、気づきにくいところ・・・

こまめに点検して交換サイクルを守り、長くバイクを楽しみましょう!

ではまた次回をお楽しみに。