『優』のバイク Vストローム250ABS

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

『優』のバイク Vストローム250ABS

物事を表現するのに様々な言葉がある日本語ですが、バイクや自動車などの乗り物によく使われる表現の中には

「最速」 「最新」 「最先端」 「最大」などの言葉が使われているのをよく目にします。

今日はそのどれにも当てはまらない「優」のバイク Vストローム250ABSのお話です。

ここでは優しいという点と、優れているという点から「優」という表現を使ってみました。

Vストロームといえばスズキ二輪が自信をもって送り出すアドベンチャーバイクです!!

現在のラインナップには250ccの他に650ccと1050ccの兄貴分たちがいます。

vストローム250ABSはスズキ二輪のアドベンチャーバイクの中の末っ子という位置づけですが、馬鹿にしてはいけない

「優しさ」と「優れた」点にあふれたバイクに仕上がっています。

①ライダー思いの装備が優しく優れている

画像にあるように走行風による疲労を軽減してくれる、ウィンドスクリーンやハンドガード、エンジンまわりや腹下を飛び石や路上に転がっている異物などから保護するアンダーガードを標準装備しています。

また、17Lもの大容量タンクのおかげでツーリング中もガス欠の恐怖と戦うこともありません。ハンドルバーは少し高さがあり絞りを入れたような形状で、肩ひじを張らずにリラックスしたポジションになっています。

洗車などのちょっとしたお手入れやメンテンナンスの際に重宝するセンタースタンドもついていますよ。

忘れてしまいがちですが、このスタイリッシュな形状のテールランプにはLEDを採用しています。省電力ながらも十分な明るさで視認性にも優れており、ブレーキ操作の状況を分かりやすく後続車に伝えるてくれる優しい設計です。

②走行性能、乗り味が優しく優れている

搭載された水冷2気筒エンジンはスロットルの開け始めから安定したトルクを発生。最高速を競ったり、ハイスピードでコーナーを駆け抜けるのは得意じゃありませんが、荷物の積載時やタンデムの際にも車体を確実に前に推し進めてくれます。低速での走行中にも粘り強さを発揮しエンストがしにくいのも特徴です。また、燃費性能にも優れており、環境にも優しい設計です。

250ccとは思えないほど迫力ある車体が特徴でですが、800mmに抑えられたシート高とシェイプされた形状のおかげで足つきは良好。一体型シートは座面が広く、グラブバーを兼ねたキャリアーもついているので二人乗りも安心。後部座席に座る人のことも考えた優しい作りになっています。

また、昨今のバイクには当たり前につくようになって来ておりますが、ブレーキには前後ともABSを搭載。vストロームのように積載性に優れたバイクは荷物の有無などで重心位置が変わるため安全なブレーキングのためには繊細な操作が求められますが、ABSのおかげで危険なシーンでのパニックブレーキでもタイヤがロックすることはありません。ライダーの操作の負担を軽減してくれるあたりに優しさを感じます。

③純正オプションのケースの設計が優しく優れている

先程から画像に映っているトップケースとパニアケース、実はメーカーからオプションパーツとして販売されているものです。

後から見るとこの存在感!これぞアドベンチャースタイルといった印象です。このケースも当然、優しく優れた特徴を持っています。

メーカー純正のケースの中にはボルトでの固定がなされており容易に外せないようなものもありますが、vストロームのケースは3つとも付属キー1本で着脱、開閉ができます。状況に応じでフルパニア、トップのみ、ケースなし等をその日の気分で選択できるといった、ライダーの都合に合わせてくれる優しさにあふれています。持ち運びができる取っ手がついているのでトランクとしても使用できる点も優れています。

内部構造も大変良い仕上がりです。シェル部分も肉厚でしっかりとした作りになっており、ケースの合わせ目には厚さのあるパッキンが取り付けられているので密閉性に優れています。旅先での思い出の品が風雨にさらされて濡れないような配慮には優しさを感じられます。

いかがでしたでしょうか?vストローム250ABSの優しくて優れた点をご紹介させていただきました。はっきり言ってこのバイクは最速でも最先端でも最大級でもありませんが、人間の側の都合を読み取ってくれているような優しさにあふれており、優れたバイクであると断言できます。

街中で見かけることも多くなったvストロームですが、1台1台それぞれ異なったカスタムがなされているように思います。きっとそれは優しい特徴のVストロームに魅入られ愛着が湧いている証拠でしょう。当店でご購入いただいたお客様の車両を見てもどれもそれぞれ若干ずつ異なる個性が出ています。

大型スクリーンや、エンジンガード、ヘッドライトストーンガードといった見た目が大きく変化するものや、マルチバーホルダーやドライブレコーダー、ヘルメットロックといった利便性と機能性を付与するもの、はたまたエキパイやスプロケットなどの動力の特性を変化させるものまで様々です。もしかしたらアフターパーツの選択肢の多さも『1台で何度もおいしい思いができる』という意味では優しさにあふれ、優れている点かもしれません。

長くなりましたが、最後まで読んでいただいた方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。次にvストロームを見かけたらきっとほんの少し優しい気持ちになれることでしょう。その時にはハヤカサイクル泉バイパスを思い出してみてください。

ハヤサカサイクル泉バイパス店 

         天野 光雄

泉バイパス店

国内モデル~輸入モデルまで東北最大級のラインナップ。各メーカー正規代理店ならではの安心・安全をご提供いたします。

  • 住所:仙台市泉区松森字後田81-1
  • TEL:022-374-7856
  • FAX:022-374-7857
  • 営業時間:10:00~19:30
  • 定休日:毎週火曜日 (祝日の場合は翌日休み)