超剛性素材 × ラムマウント(スマホホルダー)

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

超剛性素材 × ラムマウント(スマホホルダー)

 ここ最近の携帯電話の進化には目を見張るものがあります。上記記事は国内初の携帯電話。そして私の時代はPHS世代。着信音は勿論単音。フルカラー液晶画面が出たときの衝撃は計り知れません。それが今や有機LEDだの何だの・・・凄ェ時代になったもんだぜッ!! っと失礼しました。 バイクのメーターもフル液晶でBluetooth対応も出てきてますから凄い時代です。 『アプリ』によってカメラ機能・動画鑑賞からナビゲーション、決済まで出来る様になり生活の必需品になっていることかと思います。そこで皆さんに問います。

何故、バイクに乗るときスマホを有効活用しないのか!

ということで、既にご活用されている方も多いかと思いますが、あえて再度ご提案させて頂くのがこのRAMマウントです。 このマウントの何が良いのかということなのですが、まずは耐久性。 そのヘビービューティーさは米国で軍用としても採用されている一流品で耐腐食性に優れたアルミニウム素材に一般的な塗装よりも強靭な皮膜を形成するパウダーコート(樹脂を高温で溶かして皮膜を形成)で仕上げてあります。左側はネジでガッチリ固定するU字クランプタイプ。右は一体式ですが挟み込んで締め付け固定のタフクランプになります。

何より装着が簡単で、『Xグリップ』というX字になっているアームを開いてスマホを挟むだけ。以外にもこれだけでガッチリガードできて本体が落ちません。さらにテザーというゴムのバンドでスマホの四つ角を止めれば外れる予感がしない程にガッチリします。ライダーの中ではこのラムマウントが最強のスマホホルダーとして君臨しています。無骨で男らしい。

他にも様々なジョイントやマウントがあって、好きな場所に装着することが可能です。例えば普段は車で使用してバイクに乗るときだけ付け替える・・・なんてこともマウント部だけ用意すれば出来ます。また、補修パーツが豊富なので一部破損しても簡単に直すことが出来るという意味合いでもコストパフォーマンスが高いですね。スマホホルダーは数多くありますが、そんな中でもラムマウントが装着の容易さ、スマホの固定、コスパはかなり高いと思います。当社でも多くのお客様にその性能を体感して頂きご好評を得ております。

スマホをナビとして活用すれば今まで以上に走りの幅が広がります。私も部下に馬鹿にされる程に方向音痴で、新人時代には迷走による数々の伝説を持ち、自分でも『俺の方位磁針は終わっている』 とすら感じています。 ナビが無ければ宮城県から出ることすら摩訶不思議なアドベンチャーと化すこともあるのでナビゲーションがあって本当に助かってます。

ということで、今回はスマートフォンホルダーの一押し、ラムマウントの紹介でした。当社ではSETで電源供給のUSB電源(最近のバイクは標準装備も多い)もオススメしております。さらにインカムもヘルメットに装着すればナビ音声がヘルメット内に届きますし、音楽を聴きながらバイクで走る・・・なんていうのも素敵です。ちょっとしたアイテムで普段の走りがより楽しく、快適になる。新しい発見と刺激を求めてバイクライフを愉しみましょう。

ラムマウントはハヤサカサイクル各店にて常時展示。正規取扱店となりますので装着位置や他商品に関しましても是非、ご相談・ご検討ください。

二輪車総合管理 菅野