!仙台七夕花火祭り!

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

!仙台七夕花火祭り!

こんにちは!

大手町店スタッフMです

 

 

梅雨明けしたらが降ってきましたね、、、

 

 

 

 

いよいよ明日は、

仙台七夕花火祭です!!!

 

 

それに伴って大手町店周辺でも夕方から交通規制が行われますので、

ご来店の際はご注意ください

 

(仙台七夕花火祭 特設サイトより)

 

 

そして誠に勝手ながら、交通規制に合わせ

明日8月5日の営業時間は18時までとさせていただきます。

 

大手町店からの花火の眺めは最高

 

 

仙台七夕花火祭は、今年で第48回目を迎えるお祭りです

人気花火大会ランキング 東北1位

行ってみたいランキング 東北1位

と、人気の高さも抜群!

(Walker+ × 金麦の夏 全国花火大会 より)

 

 

約1万6000発もの花火が夜空に輝きます/p>

 

 

 

 

日本人で初めて打ち上げ花火を目にしたのは 将軍、徳川家康公だとされています

それは1613年のこと

 

そして、花火大会として花火が打ち上げられたのは1733年

両国大川、今の隅田川での水神祭りだとされています

 

徳川吉宗公が、慰霊、悪霊退散、人々の無病息災を願って開催しました

 

 

 

いまでは、日本の花火大会は7・8月に多く、特にお盆の時期に集中しています

 

花火には鎮魂の意味もあり、迎え火・送り火・灯篭流しと同じように、

死者の供養のために打ち上げられます

 

 

 

真っ暗なキャンバスに打ちあがり、一瞬で散る

それはとても儚く、人の命のようだといわれてきました

 

 

花火大会

灯りが消えていくのに対しての悲しさや寂しさ、

消えるものを慈しむ心を持つ、日本人ならではの風習だともいわれています

 

 

1年に1度くらいは

大切な人のことを想いながら夜空に打ちあがる花火を見上げるのも良いかもしれませんねふんわり風船ハート

 

 

 

 

↓ウェルカムボード↓