Ninja ZX-10RR 世界500台 東北唯一の限定モデル緊急入荷!

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

Ninja ZX-10RR 世界500台 東北唯一の限定モデル緊急入荷!

小難しい話は総合管理部の菅野が担当します。
どうぞこの度もお付き合いください・・・ということで凄いの入りました。

カワサキをスーパーバイク世界選手権で5連覇へ導いたテクノロジーの集合体である ZX-10R。その中でもチタニウム製コネクティングロッド、サスペンションセッティングのファインチューン、マルケジーニ社製鍛造ホイールを標準装備し、エンジンとシャーシの改良を加え、よりベースモデルのサーキットポテンシャルを向上させたスペシャルモデルがこのZX-10RRです。

詳細の説明はメーカーHPの方が詳しいのでそちらをご覧頂ければと思いますが、とにかくこのZX-10RRはアクセルを開けてからピークパワーまでのレスポンスが尋常じゃない。かと言って『速すぎて乗れない』といったものではなく、低速域から高速域までトルクを感じることが出来、むしろ乗り易くすら感じてしまう素晴らしい完成度を誇ります。ですが結果的にこの扱い易さもあって速いタイムが出てしまうわけです。

開発者が 「サーキットにおいて誰が乗っても扱いやすく、乗りやすいということを追求していけば、結果として速いマシンが出来上がる」 と語るようにカワサキがこれまで培った技術を惜しみなく投資し、トルクの山を極限まで取り除くことを可能にしました。ムラが無く、ライダーがスロットルを開けても扱い易い特性になっており、リニアに反応する加速は痛快です。 つまり 『ここまでの性能は俺にはいらない』 ではなく、性能があるからこそ愉しめるマシンでもありますので必要だと言えます。

Ninja ZX-10RRは、フィンガーフォロワーロッカーアームに加え、フォーミュラマシン、ハイパフォーマンスカー、航空宇宙産業向けのエンジンやドライブトレインなどの開発と製造を専門とする「Pankl社」が設計した、超高性能チタニウム製コネクティングロッドを採用。エンジン重要機関ですので確実な信頼と確実な精度を求めた結果だと言えます。

 軽量&高強度なチタニウム製コネクティングロッドを使用することで、レブリミットが600rpm向上。「Ninja ZX-10R KRT EDITION」や「Ninja ZX-10R SE」 に比べ、最高出力をさらに1PS 高め、150kW (204PS)とし、レブリミットを引き上げることで、より広いパワーバンドを獲得。Ninja ZX-10RRの扱いやすいキャラクターを強化。 ちなみにこのコネクティングロッドだけ欲しくなるわけですが部品販売はメーカーとしても不可です。  ※ZX-10RRに乗っている証明を行い補修部品としての発注は可能。

 加えてコネクティングロッド 1 本あたり102g の軽量化により、クランクシャフトの慣性モーメントを5%低減。エンジンレスポンスとハンドリング性能の向上、またコーナー進入時にフロントタイヤへ荷重をかけやすくなっているのが特徴です。 また、ヘッドカバーを赤塗装とし、特別なエンジンであることを主張します。 

このヘッドカバーはカウリングの隙間から僅かに見えますが、基本的にはフューエルタンクを外した時などの分解時にしか拝むことが出来ません(笑) NINJA H2のチャージャーもそうですが見えない部分にまで拘るのがカワサキらしいなとすら感じてしまいます。

サーキット走行を前提としたセッティングのショーワ社製バランスフリーフロントフォークとBFRC lite リヤサスペンション、さらに贅沢な マルケジーニ製の専用アルミ鍛造ホイール に ピレリ製ディアブロ・スーパーコルサSP を装着。もはや無敵の足回りが初めから手に入れられるという贅沢極まりない仕様となっております。標準装備のブレンボ社パーツ群も相まって、その良質な足周りからなる旋回性能や安定した加速フィール、コントロール性に優れた制動力を既に有し、全てが高次元に調和し通常のZX-10Rと比較してもワンランク上の明らかな性能差を感じることが出来ます。

世界限定500台のみの生産(シリアルナンバーは371)ちなみに日本では約70台程度の入荷でメインキーも専用品でRRのエンブレムがさり気無く装着され絶妙な主張と優越感を満喫出来ます。ちなみに東北地区でこのRRは当社、ハヤサカサイクルでしか所有しておりません。

カワサキ(新車)は『今月より401㏄以上の車両はKawasaki PLAZA専売車とする』という経営方針を打ち出しましたので一般的な10Rですらすでに入手不可。さらに『来店契約のみで通信販売を行ってはいけない』というメーカー規約がございますので、東北に住まわれている方は今がチャンスです。

こういったスーパースポーツの愉しさとは、卓越したマシン性能あってこそ実現可能な『高次元な走り』が言えます。
スーパースポーツに備わる刺激的な加速、滑らかな立ち上がり(再加速)、旋回時の安定性能、確実な制動力。 

走る・曲がる・止まる といったバイクにおいての三原則はスーパースポーツというカテゴリーの中では特に性能あってこそ成し得るものであり、今現在におけるスーパースポーツの立ち位置は操る愉しみはそのままに『性能美を愉しむ』ということも1つ挙げられるのではないかと思います。  

どれだけ優れたポテンシャルを持っていたとしても、それを扱うのは私達ライダー(所有者)です。 かつては今ほどの性能が技術的に生み出せず、持て余すパワーをライディングスキルで補うとされていましたが、様々な進化を経た現在は 『如何にマシンを乗り手に扱わせるか』 ということ。

こういった観点で様々な電子機器やエンジンの開発、サスペンション等含め全てのバランス化を図りブラッシュアップ 。そして1台のバイクとして集合体となったときの1つの答えが、フラッグシップ中のフラッグシップモデルである『Ninja ZX-10RR』というマシンの存在意義なのだと思います。

走る歓びや愉しさを容易にし、既にライディング技術を兼ね備えたライダーが乗ればさらに幅が広がる。
そんな大きな可能性を秘めたNinja ZX-10RRが泉バイパス店に1台限り入荷致しました。
我々としても抽選で手に入れられるモデルですので次回入荷は二度とありません。

販売価格は2,710,000円(税抜)をスペシャル価格:2,598,000円(税抜)で販売致します。

さらに期間限定! 特別低金利1.9%(120回までOK。据置(残価)設定も可能です)

この価格を見て高いと感じるかもしれませんが、我々から見ればこれだけの性能と豪華装備を台数限定保証付でメーカーが打ち出すという希少さ、高いクオリティと品質を考えれば、後々にカスタマイズしてお金を使いセッティングで苦労したりと迷宮入りするよりも全てが完成されたこのモデルは非常にオススメだと言えます。 

是非ご検討ください^^