SR400の何が良いの?

重要なお知らせ | ハヤサカサイクル各店の営業日時が変更になります。

SR400の何が良いの?

2021年、有終の美を飾るSR400、これは以前BLOGでご紹介したので改めて細かい詳細は避けます。 替わりと言っては何ですが、勤務先や立場を脱ぎ捨てた完全なる個人主観でSR400をインプレッションしてみたいと思います。気になる方は読んでください♪

SR400、色々とバイクに触れてきましたが純粋に空冷エンジンの乗り味(鼓動感やメカニカルノイズ)を全面に押し出している車両は正直少ないと感じています。と言いますのも過去、ホンダではCB400SS、スズキではテンプター、カワサキならW400等、ライバルらしいモデルがいたのですが、それぞれシングルエンジンを生かした別路線を持っていました。

SR400の何が良いかというと『進化を止めている』ということが1つの美学になってしまったということです。メーカーは『進化』ではなく『深化』と言っています。元はエンデューロ車であるXT500がベース。そして1978年にSRというビッグシングルのストリートモデルが誕生しました。SRは雰囲気を味わうものだ・・・という印象がありますが、元々はバリバリに攻める走りをするバイクから生み出され、『SR』という意味も『Single Roadsports』というのが語源でスポーツバイクなのです。

変わらない・・・そうは言いつつも耐久性や精度、ギア比や吸排気等のブラッシュアップを図り、大幅に熟成してはいるのですが、そもそもSRを好むユーザーは『性能うんぬん』ではない『シングルエンジンとしての乗り味』にフォーカスしているのではないかなと思います。それを知っているからこそヤマハも排気音や乗り味を打ち出しているのだと感じます。

特にこの『鼓動感』は、知らない人から見れば強烈です。 SRにはナンバープレートの裏側にアルミ板をあてがうナンバーホルダーが標準(一般のバイクは別売り)でSETされるのですが、このアルミ板での補強が無いとシングルエンジンが生み出す鼓動の反響振動でナンバーがボルト付近から割れます。これはSR乗りの中では『あるある』とされている話で、補強無しの場合にナンバーが割れて外れ、いつの間にか無くなっている・・・というのは時間の問題です。

基本的に度重なる排ガス規制や技術の発展に伴ってエンジンも新しくなっていくのが通常で、排ガスをクリアした新しいエンジンは対策する過程で高性能化され乗り味が薄くなる傾向にあります。そもそも2サイクルエンジンがOKであった数十年前の構造が今の厳しい規制をクリアできるはずが無いんです。それを試行錯誤で何とかクリアしてブラッシュアップさえ行っているというのがSR400、ヤマハの技術者の執念なのか凄いところですね。

個人的にSRの良さは、何も付いていないところ。
コンパクトなフレームに外装と1つの巨大なエンジン、あとは車輪組んで終了! セルも付いてない潔さがシンプルで良い。それでいてパーツ1つ1つが丁寧で美しい仕上がりであるところにセンスを感じますね。 メーターもアナログですし あえて進化させていないのが素敵です。

乗り味に関しては爆発(鼓動)のダイレクトさ。車体を震わせて走るバイクは多いようで少ない。特に中型クラスでここまでの鼓動感を持つモデルはほぼ無いのではと思います。排気音も歯切れがあって共に車体を弾ませながら加速する乗り味はアナログなテイストそのものです。正直言えば速いバイクは技術が進歩すれば今後もどんどん出てくるでしょう。

ですがアナログテイストを強めるには規制対策上、衰退せざる得ないのです。こういう乗り味のバイクは旧車に多いのですが、それこそ乗り味は良くてもメンテナンス性はシビアになってしまうのは致し方ないはなし。 SRは基本構造を変えないまま現在の走りや耐久性、メンテナンス性に対応すべく進化した旧車!NEO旧車!Nostalgic NEO!

新車の旧車、旧車の新車なのです!

意味不明ですみません(汗) 後継機種はございません。40年以上続いたヴィンテージフィーリングを是非、ご賞味ください。
ハヤサカサイクルではSR400FinalEditionを販売可能です!

中古車も数台ございます。合わせてご検討ください♪