【KTM&ハスクバーナ】在庫アリ! そもそも最高品質のオフロードって?

重要なお知らせ | ハヤサカサイクル各店の営業日時が変更になります。

【KTM&ハスクバーナ】在庫アリ! そもそも最高品質のオフロードって?

 パワーであればスポーツバイク、万能さならネイキッド、乗り味であればクルーザー等、何を求めるかで選ぶ用途が変わっているというのがバイクの面白いところ。ではオフロードバイクに求めるものと言えば何でしょう?

・軽さ
・トルク
・瞬発力
・優れた足まわり
・コントロールのし易さ

がザックリ言えるのではないかと思います。 名前の通りオフロードバイクは一般道ではない道を走れる。いわゆる一般的なバイクや車では入っていけない道を駆け抜けることが出来ることに楽しさとメリットがあります。 そして、『オフロード』と似た走りをするジャンルが無いというのもオフロードバイクを選ぶ1つのきっかけではないかと思います。

そして私が是非ともお勧めしたいのがKTM、ハスクバーナーが生み出した本気のオフロードモデル達。

■KTM
1934年にオーストリアで設立。モトクロス世界選手権やAMAモトクロスなどのオフロードレースに積極的に力を入れ、ダカール・ラリーでは2001年から2019年まで驚異の18連覇を達成。ロードレースでは最高峰Moto GPに参戦し2020年に優勝を飾る。現在は年間8万台のオートバイを生産しヨーロッパ第2位のメーカーに成長、世界12カ国以上の国に販売会社を持っている。 KTMの特徴はどの排気量にもスローガンである『READY TO RACE(すぐにレースに出場できる)』のDNAが刻まれる。超軽量なボディに極限まで追い込んだ高性能なエンジン。色鮮やかで斬新なスタイリングとメーカーを象徴とするオレンジカラーは日本においても根強いファンがおり認められる今注目のメーカー。

■ハスクバーナ
1689年より世界最古のオートバイメーカーとして今も続くハスクバーナ。1903年よりスウェーデンで初のオートバイ製造を開始。1960年代から70年代にはオフロードレースにおいて数多くの世界タイトルを獲得。2013年よりKTMグループに加入し攻撃的な性能と大胆で個性的・美しいルックスを併せ持つストリートモデルを発表。KTM同様に高性能なシングルまたはツインエンジンを搭載。どのモデルも一般的な同クラスよりも圧倒的に軽く、高回転まで吹け上る高出力なエンジンを搭載。本格的な作り込みで本気の走りを楽しめるモデルが多数ラインナップされている。

オフロード界ではその名を轟かせるこの2大メーカーがダッグを組むことで生み出される最強のスペックは圧倒的な性能美を生み出します。ぶっちゃけた話『クラスを超えた性能』『超高性能』『圧倒的』という謳い文句は、我々の業界ではいわば鉄板なのですが、実際に表現がふんわりし過ぎていて『何が高性能なんですか?』『高性能って何?』と感じる方もいるのではと思います。

そもそもKTMとハスクバーナーは親元こそ一緒ですが、味付けは大きく異なります。
スローガン『READY TO RACE』という名前の通り、KTMでは限界まで突き詰めたハイパワーを武器に熱い走りを愉しむ!というスタイルを主軸にしている。圧倒的なパワーとレスポンスを安心・安全と感じ取れる性能を持ったブレーキや各サスペンション等の総合的なセッティング。部品精度や組み合わせ含め、全てが最高品質で生み出されている故の走りは1つの個性となって愉しさを生み出します。

一方、ハスクバーナーとしての考え方は真逆。基本的には過激すぎるパワーは必要ないというスタイル。
あくまで扱い易さの中での速さを求め、柔軟なサスペンションやシルキーな出力特性と持つセッティング。親元が一緒ながら過激でアグレッシブなKTMと、懐が広く内に秘める過激さを武器にするハスクバーナ。それぞれの特性を加味した好みをメーカー、排気量、2サイクル・4サイクルといったエンジン特性で選択することが可能となります。 

そして、その走りはどれも超一級品だと言えます。

特に自慢のサスペンションとフレームからなる衝撃吸収性能に関しては路面の凹凸に対して衝撃緩和と接地感のバランスが非常に良く、荒れたオフロードでの走破性に大きく貢献し、まるで自分のライディングスキルが大幅に上がったかの様な錯覚すら覚えてしまう程です。 車高が高いので足つき性は良くありませんが 軽さは正義! 100kg弱の驚異的な軽量さがそれをカバーします。 意外にも『上級者向け』と言うわけではなく、乗りこなせてしまうバイクであることから懐の広さを体感出来ます。価格では言い表せない、走ることの喜びと楽しさを提供してくれるはずです。

KTM&ハスクバーナのオフロードモデルは まとめ発注型式を取る為、在庫が無くなると残念ながら確保が困難となります。弊社では今のところ各モデル少数ずつですが確保をしております。ご検討されている方はお早めのご検討・ご相談ください!

KTMハヤサカ(@ktm_hayasaka) • Instagram写真と動画
HUSQVARNA仙台(@husqvarna_hayasaka) • Instagram写真と動画
KTM&HUSQVARNA-hayasaka cycle – YouTube

KTMハヤサカ

  • 住所:仙台市青葉区大手町8番18号
  • TEL:022-217-6855
  • FAX:022-217-6833
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:火曜日・第3水曜日

ハスクバーナ仙台

東北有数の正規ディーラー・ハスクバーナ仙台

  • 住所:仙台市青葉区大手町8番18号
  • TEL:022-217-6855
  • FAX:022-217-6833
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:火曜日・第3水曜日

総合管理部 菅野