まさに日本仕様! 冒険するならKTM 390アドベンチャーでキマり!?

重要なお知らせ | ハヤサカサイクル各店の営業日時が変更になります。

まさに日本仕様! 冒険するならKTM 390アドベンチャーでキマり!?

 近年、盛り上がりを見せるアドベンチャーモデル。その流れは海外車にはじまり今や国産4メーカー、さらにハーレーダビッドソン、そしてKTMとしても注力していることが見て取れます。 これを言ったらですが、各メーカーも趣味で作っているわけではないので製品化する以上は『間違いなく楽しい ⇒ 売れる』と踏んで力を入れています。

今回、ご紹介致しますのはKTMの390アドベンチャー。

さて、ここで語る前に1つ言わせて頂きたい・・・

中型で乗れる本気のアドベンチャーモデルは390アドベンチャーしか存在しない!

あれ?そうだっけ?』と思った方・・・そうなんです。(たぶん)

アドベンチャーモデルのメリット、それは全ての地形に対応した万能性。一般道での快適性、柔軟な足まわりによる悪路での走破性、そしてポテンシャルの高いエンジンを搭載することで高速クルージングも可能とします。 勿論、完全なるスポーツモデルやオフロードモデルと比較すれば専用設計よりは劣りますが、それでも1台で幅広く扱える魅力は冒険心を掻き立て楽しさを体感出来ることかと思います。ちなみに390アドベンチャーの最高速は160km/hとしている(これ。凄い数値です)

国産車ではホンダ 400X、スズキ Vストローム250、カワサキ ヴェルシスXが同カテゴリーでラインナップしております。ここで注目なのは普通自動二輪免許(中型)で乗れるアドベンチャーモデルはホンダ 400X、そして KTM 390アドベンチャーのみであるということです。 400XのエンジンはCBR400R直系の並列2気筒エンジン、390アドベンチャーは390DUKE直系のビッグシングルエンジンです。

双方、それぞれの良さがありますが国産車のラインナップとしては比較的 一般道走行に重きを置いています。反面、KTM 390アドベンチャーに関しては元々評判の良い390DUKEのエンジンを搭載している為、ずば抜けた瞬発力と加速力が『アドベンチャー』というカテゴリーに絶妙にマッチしていて、オフロード走行時に優れた性能を発揮します。

大型バイクとしてのラインナップは豊富な中、この390(373㏄)という絶妙な排気量区分。アドベンチャー専用設計されたトレリスフレームによる数値以上の足つき性の良さや161kgというKTM特有の軽量さも相まって大型にある『デカすぎて怖い』『重すぎて怖い』『ふらついて怖い』といった『恐怖』とされる部分も軽減され、日本で走るにはベストなバイクに仕上がっております。

足まわりには前後WP製を採用。フロント43φの倒立フォーク、前後共に高性能な伸圧調整機構を備える。
ABSやトラクションコントロールはリーンアングルを感知して緻密に制御するといったこだわり。まさにクラスを超えた本気の性能美です。何所にも属さないKTMシリーズ共通のフェイス形状やフルカラーの大型液晶TFTメーターといった高級感もそのままに、気軽に様々な冒険を約束してくれるであろうアドベンチャーモデル。この『390』が生み出され日本で発売する意味は『日本を気軽に冒険するには丁度良い』ということでしょう。

KTMハヤサカでは展示車は勿論、試乗・レンタル車もラインナップ中。流石に林道までの試乗は出来ませんが一般道の走行だけでも柔軟な足まわりや加速性能、軽量さ等はご体感いただけることかと思います。是非、お気軽に店頭まで!

冒険にチャレンジしよう!

KTMハヤサカ

  • 住所:仙台市青葉区大手町8番18号
  • TEL:022-217-6855
  • FAX:022-217-6833
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:火曜日・第3水曜日

総合管理部 菅野