KTMってどんなバイク?

重要なお知らせ | ハヤサカサイクル各店の営業日時が変更になります。

KTMってどんなバイク?

KTMのバイクって実際にどんなバイクなの?

そんな皆様の疑問に対してお答えいたします。

 単純に言えば全ての排気量に対して本気の走りを追求しているのが言えます。例えば一般的に125㏄~400㏄クラスは国内メーカーの場合、エントリーと言いますか『これからバイクを始める方』『維持費面』も考慮して幅広い扱い易さや燃費等、より実用面に重きをおいています。これが大排気量になっていくにつれジャンルが『趣味嗜好性の高い乗り物』とされるので、実用性と言うよりは乗り物としての個性・癖が強くなる傾向にあって、よりバイクを濃く愉しみたい方からすれば大型バイクこそ最高だと言う方も多いと思います。

 一方、KTMは排気量問わず大型バイクと同じ考えで作っているということが国内メーカーとの大きな違いとなります。 例えば一般的な125㏄クラスでは通勤や移動手段をメインに考える方が検討するジャンルとして受け止めっれていて燃費+αという考え方が国内なのですが、KTMの場合は『125㏄でどこまで限界を突き詰められるか!』という思考で生み出されているので、どちらかと言えば実用面よりも『バイクに乗ったときの楽しさ』『125㏄にしかない愉しみ方』が主となります。

大型クラスにも負けず劣らぬスペックのWP前後サスペンションやトレリスフレーム。15馬力を一気にブチかます高回転なエンジン。そして125にしかない軽量コンパクトさ。そして実用性もプラスした走りはバイクを知っている人ほど『これは楽しいバイク』と感じて頂けるかと思います。実際に弊社でも大型バイクからのサイズダウンやサブバイク等、分かっているほど選ばれる傾向があります。

個人的にオススメなのはこの390DUKE。 373㏄の排気量で43.5馬力、重量149kgという基本スペック。 前後はWP製サスペンションに電子スロットル、スリッパークラッチABS、TFTフルカラーメーター等の採用。 とにかく軽く元気なエンジンが特徴で、アクセルを開けるとパワーの立ち上がりが良いので楽しいバイクです。サスペンション性能も秀悦で自分仕様にもセッティング出来ます。 排気量区分としては中型ですが、大型に迫るパワーフィーリングがあって何かと満足度の高い1台となっております。

そして忘れてはいけないのがオフロードモデル。KTMは世界のレースで数々の栄光を収めてきたメーカーですが、特にオフロードカテゴリーではその性能の高さから連覇を成しており、専売特許の1つと言っても良いかと思います。100kgをきる超軽量ボディに超高性能なシャーシ&エンジン。言葉が悪いですが馬鹿みたいに速くて高性能です。

本気のオフローダー』としてバイクを探したときにKTMやハスクバーナーの選択は必然的。

既に絶滅したと思われている方も多い2サイクルエンジンも未だ健在です。ちなみに弊社 KTM仙台店にも展示中!

ということで、ざっくりまとめるとこんな感じです。

KTMの魅力をほんの少しだけご紹介致しましたが、ここでは語り切れない内容が沢山あります。 KTM仙台では東北圏最初のKTM&ハスクバーナーの正規取扱店として、また県内唯一の正規取扱店として多くのKTM車をお取扱いし実績を積んでおります。

また、KTM&ハスクバーナー以外、国内ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキ、電動バイクサーロン、レンタルバイクも正規お取扱いが可能です。 只今 決算大バーゲンで在庫車が大変お得な期間です。 

KTM&ハスクバーナーの優良中古車も今なら豊富にございます。ハヤサカサイクル各店からお取り寄せも出来ますので是非、ご興味がありましたら店頭スタッフまでお気軽にご相談下さい^^

モーターステージ大手町

国内・海外ブランド・レンタルバイクまで幅広いバイクライフをご提案。

  • 住所:仙台市青葉区大手町8番18号
  • TEL:022-217-6855
  • FAX:022-217-6833
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:火曜日・第3水曜日