海外ブランドのバイクをお探しならハヤサカサイクル

重要なお知らせ | ハヤサカサイクル各店の営業日時が変更になります。

海外メーカー取り扱い車両

海外メーカー取り扱い車両

HARLEY DAVIDSON

HARLEY DAVIDSON

1903年、舞台はアメリカ中西部のウィスコンシン州にある都市ミルウォーキーに住む4人の若者によってその歴史の幕を開けた。
ハーレーダビッドソンはその年代ごとのエンジン名称に愛称がつけられ、100年以上も長きにわたって親しまれてきた。
独自の進化を続けた伝統のVツインエンジンから生み出される迫力ある排気音、脈打つ鼓動感と強烈なトルク特性、 各部に高品質なパーツを組込み、圧倒的な存在感を生み出すキング・オブ・モーターサイクル。

2021年 突如として姿を現した水冷エンジン『レボリューションS』搭載のパン・アメリカ、スポーツスターSを筆頭に、伝統を重んじてきたハーレーが先進の電子デバイスと最先端のテクノロジーを駆使し、これまでの概念を打ち砕く痛快で刺激的なジャンルを生み出し挑戦し続けている。

KTM

KTM

1934年にオーストリアで設立。モトクロス世界選手権やAMAモトクロスなどのオフロードレースに積極的に力を入れている。ラリーイベントにも積極的に参加し、ダカール・ラリーでは2001年から2019年まで驚異の18連覇を達成。2003年にはロードレースにも復帰し2017年より最高峰Moto GPに参戦し2020年に優勝を飾る。現在は年間8万台のオートバイを生産しヨーロッパ第2位のメーカーに成長、世界12カ国以上の国に販売会社を持っている。 KTMの特徴はどの排気量にもスローガンである『READY TO RACE(すぐにレースに出場できる)』のDNAが刻まれる。超軽量なボディに極限まで追い込んだ高性能なエンジン。色鮮やかで斬新なスタイリングとメーカーを象徴とするオレンジカラーは日本においても根強いファンがおり認められる今注目のメーカーとなっております。 アパレル・グッズ・パーツ等にも力を入れており弊社含む正規取扱店でオリジナルアイテムを手に入れることも出来る。弊社では東北初のKTMショップとして正規取扱いをはじめ、多くの販売実績と経験値を有しております。

HUSQVARNA

HUSQVARNA

世界最古のオートバイメーカーとして今も続くハスクバーナの誕生は1689年、日本では江戸時代にスウェーデン国王の命令により、建設された兵器工場がHusqvarnaの始まり。 そこから鋳鉄製のキッチン用品およびミシンを製造、自転車の製造等を行い、1903年よりスウェーデンで初のオートバイ製造を開始。1960年代から70年代にはオフロードレースにおいて数多くの世界タイトルを獲得。2013年よりKTMグループに加入し攻撃的な性能と大胆で個性的・美しいルックスを併せ持つストリートモデルを発表。KTM同様に高性能なシングルまたはツインエンジンを搭載。どのモデルも一般的な同クラスよりも圧倒的に軽く、高回転まで吹け上る高出力なエンジンを搭載。本格的な作り込みで本気の走りを楽しめるモデルが多数ラインナップされている。KTM同様にオリジナルアパレルに力を入れており、普段使いにもオシャレなアイテムを多数ラインナップしている。弊社では東北初のハスクバーナ正規取扱店として多くの販売実績と経験値を有しております。

benelli

Bennelli

1911年 イタリア・ペーザロの地で誕生したベネリは世界に名を馳せたレーサーたちが培った100年以上の歴史を背景に、これまでのベネリの伝統・感性・イノベーションが数々の伝説を生み出す。洗練されつつもスポーティーな印象を与えるベネリのバイクは、至高のバイク体験と快適性を実現しながら、燃費や自然環境にも配慮した設計。2005年、従業員14,000人 毎月120万台と1つの都市に匹敵する規模と製造能力を誇る中国 銭江グループ(Q.J.)の傘下となることによる強力なバックアップを強みに、イタリア特有の独創性・スタイル・技術とGEELYのような大手グループの経営手法、グローバル・ビジョンを組み合わせたアプローチを足がかりに、未来への更なる飛躍を目指す。特筆すべきは細部まで飽きのこないゴージャスで独創的なスタイリングと独特なパフォーマンスを生み出すエンジンやシャーシ構造。国内メーカーとは違ったアプローチで個性を生み出しています。 一般的な並行輸入車両としての取扱いではなく、大手バイク総合商社のプロトが輸入・国内での入念なチェックの元 出荷するという、日本人さながらの厳格体制で全国の正規取扱取扱店へ出荷している。ハヤサカサイクルは東北唯一の正規取扱店となります。

HONDA逆輸入車

HONDA逆輸入車

YAMAHA逆輸入車

YAMAHA逆輸入車

SUZUKI逆輸入車

SUZUKI逆輸入車

KAWASAKI逆輸入車

KAWASAKI逆輸入車

AJS

AJS

英国イギリスで1909年、AJ Stevens & Co(AJS )が設立されました。 「AJS」は、兄弟のアルバート・ジョン・スティーブンスのイニシャルから取られています。  1920年以降にマン島ジュニアTTレースやセニアTTレース等で数々のレースで優勝するなどの歴史があり1931年には世界恐慌の影響で経営難に陥り、同じ英国バイクブランドのマチレス社に経営権が移行。その後、1938年にマチレス社の創業者がAMCを設立しマチレスとAJSを二枚看板として子会社化。 以後はAJSブランドはマチレスとモデルを共有し異なるブランドで販売されるようになりました。1974年9月、AJSの権利はフラフ・ブラウン(Fluff Brown)が買い取り、現在でも250ccまでの小排気量車種がAJSブランドで販売されています。100年以上の歴史を持つ幻のAJSは価格以上の装備と王道カフェ、スクランブラースタイルを基調としたモデルがラインナップされ注目されております。

サーロン

SUR-ron

『SUR-RON(サーロン)』は電動モトクロッサーを中心に研究と開発を継続しているメーカー。電動型に良くある『トルク不足』『バッテリーパワーの持続性』『ウエイトバランス』等といった多くのデメリットを克服し、その性能を世界中の競技ライダーに認知され その実力を不動のものとしている。
電動バイクでは『環境問題』『騒音問題』『燃料火災』から解き放たれ、電動にしかない特性を十分活用しモトクロスの愉しさをご体感頂ける次世代バイクを製造している。

XEAM

XEAM

『XEAM(ジーム)』は「niu」「SUPER SOCO」「Zero Motorcycles」「TROMOX」など複数の電動バイクブランドを取り扱う日本の会社。 海外に数多くある電動バイクメーカーの中から安心・安全・機能面で納得のいくモデルを選定し XEAM として取り扱っています。 燃焼機関を持たない電動バイクだからこその静寂性や環境面への配慮。走りの面ではアクセルへの追従が良く一気に立ち上がらせることが可能となる為、兼ね備えた出力以上の走りを体感出来る仕様となっている。原付サイズから大型バイクまで幅広い電動バイクをラインナップ。 ハヤサカサイクルでは泉バイパス店が認定正規販売店「XEAM Austhorized Dealer」となっており、EVバイクとしてレンタルも可です。

モンディアル

F.B Mondial

1948年にイタリアで設立された。第二次世界大戦以前は配達用三輪バイクを製造していたが戦後に本格的なオートバイ生産に着手。1950年代にはロードレース世界選手権で活躍を見せ、延べ6人のチャンピオンを輩出した。当時では最先端の高い技術力を誇ったが販売不振やコスト増大が問題となりレースからの撤退を決断。当時の高い技術力は世界が認めるもので徹底後にHONDA創設者である本田宗一郎はモンディアル社のレースバイクを譲り受け研究を重ねた逸話もあり、この車両はツインリンクもてぎ コレクションホールに展示されている。 そして2014年、その古豪が華麗に復活を果たし今に至る。 運動性が高くクイックに曲がる。高回転域まで気持ち良く上がるエンジンは振動が少なく、精度の高いフレームやサスペンションによりスポーティーな走りは未だ色褪せず健在。独特なデザインも魅力の1つ。

レオンアート

LEONART

2004年にスペインのバルセロナにて立ち上げられたLEONART。 そこで製作される 「シンプルな」小排気量のオートバイは、魅力的で個性的。 125㏄クラスという一般的にはコンパクトなボディにハイパワーなエンジンを積み実用性を求めるカテゴリーでありながらも、その真逆を真摯に突き詰めたと言っても過言でではないフルサイズのボディは圧巻。さらに随所に見られるオーバースペックともとれる豪華装着パーツによりサイズ共にクラスを超えた存在感を生み出している。既存の型にはまらない個性的でユニークなプロダクトがレオンアートの魅力となっている。

KYMCO

KYMCO

1964年に台湾にて「光陽工業」として創業。ホンダ製品の台湾向けに製造からはじまり、1992年から自社ブランドKYMCOブランドを設立スクーターの他にも数々の製品を製造。2015年にキムコジャパンを設立し日本国内でのサービス体制を整え、国内でパーツセンターを配備。正規取扱店での販売を開始し2019年では世界105ヶ国と地域で販売。スペインではトップシェア、イタリアでは3位と好調。 フレーム、エンジン、外装などを外部委託せず全て自社で製造することでコストパフォーマンスが高く、洗練されたデザインと高品質な仕様が特徴。基本的にスクーターでありながらスポーツ性能に強みがありストップ&ゴーの多い移動手段で遺憾なく性能を発揮します。弊社ではATV(バギー)含め正規取扱い・アフターフォローが可能となります。

KYMCO

KYMCO(ATV)

KYMCOはドイツやフランスなどでATV販売台数第1位を獲得しているほか、国内外メーカー様へOEM供給するなど多くの経験と実績を有しております。現在日本国内では主にレジャー施設やレース活動において活躍をしており、50ccエンジンを搭載したエントリーモデルからユーザーの様々な要求に応える本格的な装備を誇る700ccエンジンを搭載するモデルまで50cc,150cc,300cc,450cc,700cc計6モデルをラインナップしております。弊社ではモーターサイクル、ATV共に正規取扱店として契約を結びアフターフォロー含めご対応致します。 ※なお、販売車両は私有地やクローズドコースでのレジャー使用などを目的としたものです。登録や公道走行は出来ません。

SYM

SYM

1962年より本田技研工業の技術協力によってオートバイの生産を開始。1977年には初代シビックがホンダ初の四輪海外生産としてスタートするなど、ホンダの二輪車や四輪車のライセンス生産を行っていた。 提携を解消してからは韓国の現代自動車と技術提携し、台湾でヒュンダイ・ブランドの四輪車をライセンス生産している。2019年 バイク用品・パーツの製造販売会社「株式会社サイン・ハウス」が新しく日本での総輸入販売元となった。過去モデルの部品供給も含めて引き継ぎ、再度新機種の販売も開始。その後2020年12月に、サイン・ハウス社が輸入車両販売事業を新会社「モータリスト合同会社」に分離独立させ、日本での全ビジネスを当該会社に移管。スクーター大国だからこその俊敏な性能とクイックなハンドリング、国内にはない斬新なデザインが人気を博している。

IBS

IBS

海外からの輸入車専門業者です。