お引越し

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

お引越し

今回モーターサイクルブログより除名され、こちらへ引っ越してまいりましたANNEX 松本でございます。

 

ここ数週間は唯一の店休である火曜日めがけて台風が直撃しており

雨男から台風男へ昇格というエリートコースを進んでおります。

 

今回ブログに書く内容は、兼ねてよお客様よりご依頼がございましたカスタムが

仕上がってきましたのでそちらをご紹介いたします。

 

こちらはとあるお客様のGN125H(奥側)の写真でございます。

グラブバーや、テールランプも改造していますが

今回カスタムを施したのはシートでございます!

当店では今回シートハウスリペアさんにお願いをして作ってもらいました!

 

しかーし、ただ張り替えるだけでは面白みがありません。

今回お客様と相談を行った結果

シートのフロント側を2cmアンコ抜きを行い、表面をタックロール化!

GN125Hのシートをタックロール化する際に

ネットで見ると下の画像の段付シートにしてタックロール化する方が結構多いのです!

 

 

これはこれでカッコイイのですが、今回のコンセプトは「ノーマルのスタイルを出来るだけ崩さない」をモットーに

カスタムをしているので敢えて段付きにはせずフロント部分のみアンコ抜きをしてもらいました。

 

 

ノーマルのシートと比べてみるとたった2cmでもコレだけ高さが違ってくるのです

 

こちらがノーマルのシート表面です。

まるでの腹筋のように8つに割れています。

これはこれで悪くないのですが・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なんという事でしょう!?

約5cm幅に縫いこまれた山々のおかげで表面はより立体的に

それでいて見た目もどこかスッキリしたかのように見えます!!

 

見た目もかなり変わるのですが1番は乗ったときの足つき性、ポジションが激変します♪

高さが低くなるので女性の方でも乗りやすくなるのはもちろん、アンコ抜きを行うことでタンデムシートとの高さがより変わり背中にフィットしてくれるので背もたれ代わりにもなってくれます!

 

シートを替えてみるだけでもちょっとした気分転換にもなりますので気になる方は

早坂サイクルへご相談下さい!

 

※文章でアンコ抜きを連発していますが、シートの中にあるスポンジを削って

高さを低くする加工です。

 

そして、ただいまビッグセールを開催中ですのでぜひご利用下さい!!←こちらがメインです

imageimage

ANNEX 松本