BMXはどんな自転車?

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

BMX

BMXの特徴

BMXのカテゴリーは大きく5つに分けられます。

レース

レース

数人で同時にスタートし、土で出来たジャンプ台やバンクのある周回コースを走るスリリングな競技です。コースはハードドライな土で整備されたコースを駆け抜けます。アメリカではレースの日は家族みんなでお祭りのように楽しむほど人気のあるジャンル。たくさんの人が楽しめるように細かく種目が分けられています。
また、オリンピックの正式種目に採用されたので、今後は競技人口がさらに増加することが見込まれています。

ストリート

ストリート

街中にある縁石や階段、手すりをセクションにしてグラインドや、ジャンプ、ドロップオフを行います。
公共の建築物をセクションにするので周囲の環境や時間帯には注意が必要ですが、豪快なジャンプやトリックなど、もっともBMXらしい高揚感を味わうことができるジャンルです。

ダート

ダート

BMXの原点ともいえるのがダートやトレイルです。土を掘り、その土でセクションを作りエアをしていくBMXです。
見た目は簡単そうに飛んでいますが、何年もBMXをやっている人でもいきなりトレイルを合わせて飛ぶのは難しいほど奥が深いジャンルです。ですが、MTBでも遊ぶことができるので、意外と入りやすいジャンルでもあります。

フラットランド

フラットランド

フラットランド用のBMXは他のジャンルのBMXに比べてかなり異なった構造をしています。まず、他のモデルに比べ小さく、ほぼすべての車種にフリーコースターハブというものがついています。フリーコースターハブというのは、リアホイールに装着する特殊なハブで、車体をバックさせてもクランク(ペダルの装着されている軸)が動かないように設定されています。
ペグは4本ついているのが基本です。ペグの役割がストリートとは異なり、フラットではペグの上に足をのせたり、手で持ったりしながらトリックをするため、ペグの表面はローレット加工などが施されています。また、太さもストリート用に比べれば太いものが多いです。

フリースタイル

フリースタイル

一般的なBMXはトリックをするためというよりは日常の移動手段、あるいはファッションの一部として乗っている人が多いようです。
金額的な面で見ると他のBMXよりも安価なため気軽に手を出しやすいですが、これからトリックなどをはじめようと考えている人には向かないかもしれません。