【Wild Wheels in 泉ヶ岳スキー場】ブランド紹介⑥BMC

【Wild Wheels in 泉ヶ岳スキー場】ブランド紹介⑥BMC

こんにちは〜マサです。

泉ヶ岳スキー場にて開催する、wild wheelsの私が紹介するブランドも残り2ブランドとなり、イベントまでも時間が2週間をきるところまできましたね。

今回紹介するブランドは、レーシングブランドの雄、スイスブランドのBMCになります!!

馴染みがない方もいるかもしれませんが、かなりオフロード実績のあるブランドなのです。

記憶も新しいところでいくと2年前に開催されたグラベル世界選手権での優勝バイクがBMCであったり、MTBWC杯でも多くのレースで上位入賞を果たしている戦績をしっかりと残しております。

グラベル世界選手権2022 女子優勝はBMC KAIUSを駆る。
MTB WC杯でも優勝を量産するBMC!!

様々なシーンで活躍を止めることのない、BMCはこれからも勝利を量産することのできる、最先端技術が詰まったバイクを作り出していくのでしょうね。

そんなテクノロジーが詰まった、バイクたちを今回はたくさん用意してくださってますのでご紹介します。

①Fourstroke FOUR SLX Mix 1×12(S)

②Fourstroke 01 Three SLX(S)

③Twostroke 01 FOUR(S)

④Kaius 01 THREE Rival AXS Wide(51)

⑤URS FOUR (APEX1)(S)

⑥Roadmachine X TWO Rival AXS XPLR(51)

MTBはフルサスモデルのFourstrokeをメインに、ハードテイルのTwostrokeも試乗出来てと、ダウンヒルからクロスカントリー系まで幅広いジャンルでトレイルコースを楽しめます。

グラベルジャンルはレーシングモデルのKaiusを筆頭にロンググラベルモデルのURSも準備していますので、こちらも速さを求めたい方と、楽しみたい方の2種で分けることが出来ますので、楽しみ方は人それぞれというところでカテゴリーの中での細分化をされているところもいいポイントだなと感じます。

マウンテンバイクモデルのFourstrokeはAPS サスペンション システムにより、次世代レベルの運動性能とクラス最高のサスペンションパフォーマンスを提供し、あらゆる地形で最大限のトラクションと優れた効率を提供するように設計されています。

 


障害物を乗り越えるときに生じるチェーン弛みを抑え、サスペンションがスムーズに圧縮することで、地形を的確にとらえ、完璧なトラクションを実現してくれ、理想のライディングを叶えてくれるバイクとなるでしょう。

ハードテイルモデルのTwostrokeはリムやタイヤサイズのワイド化に対応するため、MTT(Mirco Travel Techonology)を廃止し、剛性と強度をアップすることに成功。
Fourstrokeから引き継いだ無駄なカーブを取り除き、ポイントに直結する軽量構造へと変更したチューブシェープを採用し、ハンドリングと加速性をアップさせたハイスピードマウンテンバイクとなりました。

グラベルバイクのKaiusはTeammachineのテクノロジーをグラベルレースロードバイク用にブラッシュアップ&調整され、ACE+(エースプラス)の重要な4つのファクター【軽量化】、【剛性】、【快適性】、【エアロダイナミックス】がギュッと詰め込まれたハイスピードグラベルバイクとなっています。
やわらかい砂利道でも、パワーロスせずに適正なトラクションを発揮して、生み出されるクライムやスプリント性能や飛び石等の衝撃にも負けない強度を兼ね備えたレーシングバイクとなっています。
Teammachine SLR01よりもリーチを長くし、前輪を前方に移動させ、安定性と緩い路面でのトラクションが向上しているので悪路でのポテンシャルは最強クラスかと思います。

エンデュランスモデルのURSは不整地でのコントロールやリスポンス性の向上を求めた、緩やかなヘッドアングル(70°)と長いリーチ、URSのためにデザインした超ショート一体ステムの掛け合わせにより、マウンテンバイクに近いライディングポジションをとり安定性を求めたロングホイールベースのおかげで、最高のグラベル体験をもたらせてくれる一台となっています。

XCワールドカップなどのレースで勝つために開発された10mmのトラベルの軽量でシンプルなサスペンションシステムのおかげで、軽量性をしっかり確保しつつ、快適性を重視した設計となっています。

4台のオフロードバイクの特性をご紹介しましたが、これらのテクノロジーはあくまでも一部の機能だと思います。

それらが合わさって実際に乗った時に最高のライディングを誘ってくれるのが、BMCだと思います。

言葉だけではわからないと思います。

それでは乗りましょうよ。最高の試乗コースを用意しますので、たくさん乗ってください。

BMCのテクノロジーに惚れ込んでください。

お待ちしています。

代理店のフタバ様からは、インソールブランドのSOLESTARもお持ち込みいただくので、シューズでお困りの方はインソールを変えてみるのもアリかもしれません。

販売もする予定ですので、是非ともブースにお立ち寄りくださいませ。

皆様のご来店お待ちしております!!

よろしくお願いいたします。

仙台中央店

  • 住所:仙台市青葉区中央2丁目4-6
  • TEL:022-398-8195
  • FAX:022-217-8195
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:第1火曜日 (祝日の場合翌日休み)

スポーツサイクルSNS

一般自転車SNS