“どこを走るか”は気分次第・tern “GRIT” 入荷しました

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

“どこを走るか”は気分次第・tern “GRIT” 入荷しました

タイヤサイズが700Cがスタンダードとなっているスポーツ自転車の世界で、敢えて“650C”というマイノリティなサイズを広く取り扱うメーカー。それが、

tern(ターン)

大柄な欧米人と比較し、まだまだ小柄な体格である日本人には、ワールドスタンダードなサイズで無理に体を合わせるのではなく、自転車を体に合わせることこそが使い易さを最大限に引き出す、という考えから、フレームのサイズに合わせて650Cと700Cを使い分けているメーカーです。

そのターンからまたまた街乗り用のクロスバイクが登場致します!!

tern(ターン)
GRIT(グリット)

メーカー定価税込 74,800円
クロモリフレーム・スチールフォーク
変速:ALTUS 9speed
丁数:40・11-36T
タイヤ:26×1.95
サイズ:480.520
カラー:エンバー.カーキ

今回は27.5インチでも29インチでも、ましてやファットタイヤでもない、

26×1.95

というサイズを採用したリジッドフォークMTB(マウンテンバイク)に近いスタイルのクロスバイクが登場しております。

最近のMTB規格のタイヤは、27.5インチや29インチが主流なわけですが、タイヤ幅も2.2〜2.4インチ(約5.5〜6cm)が標準で装備されており、とても太くなっていまして、その分クッション性が高いなどのメリットもあるのですが、いかんせんその太さ故に、

駐輪場のタイヤ留めに入らない

なんてことが多いんですよね。経験ある方いらっしゃいませんか?

それがこのグリットは、幅1.95インチ(約5cm)と、従来型とでもいいますか、少しシャープなサイズとなっておりますので、駐輪の際の煩わしさもかなーーーり軽減されております。

走り心地もMTBと違って、ボコボコしたブロックタイヤではなく、舗装路を走り易い浅めの溝が掘られていますので、走行中に発せられる“ゴーッ”というロードノイズや振動も控えめですね。

ハンドルもリラックスした姿勢が取れるように、高めのアップハンドルが使われておりますので、クロスバイクには乗りたいけど、“ガチガチな前傾姿勢はイヤ”というカジュアルユーザーにもってこいな1台ですよ!!

アンバーが480、520の2サイズがそれぞれ1台ずつ、

カーキが480サイズ2台、520サイズが1台の

総台数5台が入荷しております。

これが売り切れてしまいますと、次の注文分は早くても10月日本到着予定・・・、エンバーの520サイズに至っては、なんと“来年の5月日本到着予定”という状況です・・・。

“イマドキ”装備じゃないからこそ“カブらない”モデルだと思います。

街乗りやちょっとしたサイクリングに適してますが、タイヤの太さを活かしたダート(砂利道等)走行もこなせる、気分次第・自由自在なクロスバイク、オススメです!!
Uchimi

イベント申込サイト:https://gicz.jp/open/hcs02031
今月の定休日 : 2日・24日

仙台中央店

  • 住所:仙台市青葉区中央2丁目4-6
  • TEL:022-398-8195
  • FAX:022-217-8195
  • 営業時間:11:00~20:30
  • 定休日:第1火曜日 (祝日の場合翌日休み)