オリンピック出場選手も使用しているヘルメット -bern-

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

オリンピック出場選手も使用しているヘルメット -bern-

こんばんは!
仙台中央店 グラベル班のナルミです!

このページのコンテンツ

雑感・・・

オリンピックも終わり“オリンピックロス”に陥っている方も多いかと思います。私は昨夜、録画していたオリンピックの総集編と閉会式を見て号泣です。大会が延期となり、更に直前まで開催されるかどうかも分からない状況の中で、準備してきた選手の皆さん、コーチや大会関係者の方々の思いを慮ると自然と涙が出てしまいます。

特に今回の大会では選手の皆さんが、大会を開催できた事、出場できた事への感謝の気持ちを言葉にしていたことが強く印象に残りました。メダルを獲得した選手、入賞した選手、思った結果を出せなかった選手、みんなが大会開催への感謝を言葉にする。辛いことも多かったはずなのに、苦境の中で感謝を口にできる人は強いですね。かくありたいものです(-_-)

本題

では、表題に戻りまして・・・ 今回のオリンピックではBMXやスケートボードなどアーバンスポーツと言われる新種目の競技も話題となりましたね。そして、日本人選手の活躍にも歓喜しましたし、改めて興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?
私が気になったのは、BMXやスケートボードの選手が着用しているヘルメットです。

BMXフリースタイルで5位入賞となった中村 輪夢選手もbernのヘルメットを着用していましたね(^^) また過去映像ではスケートボードの選手がNina/サテンパープル・ポルカドット(下写真参照)を被っている姿で映っていたりします(^^)


bernとは?

bernはアメリカのボストンで2004年に誕生したブランドで、自転車のみならずスキーやスノーボード、スケートボードの選手にも広く支持されているヘルメットブランドです。基本的な安全性だけではなく、ファッションのひとつとしてのデザイン性、シーンに合わせたフィッティング性に優れたプロダクツの展開も魅力です。

近年では日本人向けにアレンジされたジャパンフィットもラインナップされています。歴史的には若いブランドですが、bernと言えば”ヘルメット”と言われるくらいに認知度は高まっていると思います。それもオリンピックなどで多くのアスリートをサポートし支持されているからでしょう。

シーズンを問わずに使用できるラインナップも多いため、グラベルロードバイクやMTBに乗られる方にもオススメのブランドです!

商品紹介

自転車やスケートボードなど種目によってヘルメットの種類には明確な違いはありませんので、スケートボードに乗られる方でヘルメットをお探しの方も、当店へお越しください!

仙台中央店

  • 住所:仙台市青葉区中央2丁目4-6
  • TEL:022-398-8195
  • FAX:022-217-8195
  • 営業時間:11:00~20:30
  • 定休日:第1火曜日 (祝日の場合翌日休み)