グラベルライド体験会(2020/11/3)

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

グラベルライド体験会(2020/11/3)

おはようございます!
仙台中央店のナルミです(^^)

11月3日(火)はグラベルライド体験会を開催。お客様6名とスタッフ2名(菅田、ナルミ)で泉ヶ岳のグラベルコースへ行って来ました。
ご参加を頂いた皆様、ありがとうございました!

私自身、グラベルコースを走るのが当日で3回目でしたが、同じコースを走っていても、天候や路面のコンディション、コース取りによってバイクのコントロールや進み方が全く違います。同じ道でも、違いが無限に味わえるのが魅力と言えます。
写真のような砂利道は雨が降ると石が固定されて走りやすいのですが、当日は予想以上に路面が乾いていて、石が動いて思うようにバイクを進める事に苦戦しました(-_-)
普段乗ることが多いロードバイクと比べると、ギアの選択やバランスの取り方もバイクの進ませ方がまるで違います。(難しいけども面白い←易々とクリアが出来ないけど達成感があるゲーム的要素もあります)

改めて・・・ グラベルとは?

gravel」とは日本語で「砂利」を表します。使用するグラベルロードバイクとは、主にダート(砂利道)と舗装路両方の走行を視野に入れた、長距離走行向けのロードバイクの事を指します。近年誕生した新ジャンルで、ダートを走行する事を想定して設計されているため通常のロードバイクよりも太めのタイヤや、悪路でも安定した制動力を発揮するディスクブレーキが装着されているのが特徴となっています。通勤での移動、遊びもこなせる万能タイプの自転車と言えます。

ロードバイク、クロスバイクでは出会えない風景かも・・・

何よりも自然を間近に感じられる非日常の体験があります。ロードバイクで走るのも楽しいし、速く移動する事が出来ますが(速く走らなければと言うある種の固定観念のような…)グラベルでは速く走らなくても、歩くも良し!

白糸の滝/泉ヶ岳

脚を止めて写真を撮るのも自由。お湯を沸かしてコーヒーやお茶を飲むのもあり!舗装路オンリーのロードバイクと比べると、走れるシチュエーションの多さ、汎用性の高さに加えて、自然観察や写真撮影、アウトドアでの喫茶や調理など副次的なアクティビティの広がりを持たせられる事も醍醐味と言えます。

こんな楽しみ方もアリですよね!♪(´ε` )
kona/2021モデル ROVE LTD

ハヤサカサイクル仙台中央店ではアメリカンブランドであるkonaの取り扱い・販売をしております。
他メーカーのグラベルバイクもありますので、ぜひ仙台中央店にお越しください!

もっと自由に色々な所を走ってみたい。自然の中で写真を撮ってみたいな。通勤で自転車に乗りたい。自転車でキャンプに行ってみたい。などなど
遊び方の幅を広げてみたい方はグラベルバイクが向いているかもしれませんよ!

仙台中央店

5フロアまるごとサイクルビル!!

  • 住所:仙台市青葉区中央2丁目4-6
  • TEL:022-398-8195
  • FAX:022-217-8195
  • 営業時間:11:00~20:30
  • 定休日:第1火曜日 (祝日の場合翌日休み)