定休日ライド グラベル考

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

定休日ライド グラベル考

おはようございます!
仙台中央店のナルミです(^^)

久々の定休日だった昨日は、仙台中央店のスタッフ4名(菅田、光井、菅野、ナルミ)で泉ヶ岳に。
今回はヒルクライムで走るスキー場、スプリングバレー方面の舗装路コースでは無く、グラベルコースにチャレンジです。
です。です!

私自身、自転車に乗る気構えとして、今までは雨が降って車体が濡れたり、傷がついたりする事を倦厭していました・・・(´д`)
実はそれって凄いもったいない事をしていたと、改めて気づかされた機会となった昨日。
▼雨だから乗れない。▼天気が悪いから乗れない。▼汚れるから乗りたくない。▼傷つけたくない。(使用、道路を走る以上は無理と分かっていますが・・・)
私以外にも、そんなネガティブな思いを抱えている人は少なからずいるはず・・・

麓のミニストップ(仙台泉福岡店)⇒川崎上バス停留所⇒むかご前⇒県道223泉ヶ岳公園線分岐からグラベルコースへ入り、白糸の滝、光明の滝を巡り下山。 ⇒参考コース
走行したコースの半分以上が小石混じりのガレ場や泥状の路面だったため、普段走る舗装路とは全く違う環境や走り方に戸惑い、ビビりながら走行(途中で歩いた所もありましたが・・・)

しかも雨で路面は終始ウェットコンディション。ガレ場や泥地は滑って転倒も覚悟していましたが、想像以上にタイヤがグリップしてくれて、自転車が前に進んでくれます。借り物で初めて乗ったバイクでしたが、走っていての安心感は充分に感じられました。
もちろんロードバイクと比べると車体重量が重く、ギヤの選択肢が少ないので、速く走ることには不向きかもしれません。でも、普段は走れない場所を走破できる悦びと達成感はひとしお。ロードバイクで走る機会を日常と捉えるなら、グラベルバイクで走る事は非日常体験?ロードバイクとはトルクのかけ方、バランスのとり方、ギヤの選択など乗り方が違うけど、純粋に自転車を駆る楽しさを久々に味わいました。 初めて自転車に乗って、何処までも走って行ける!と感じていた頃のような・・・(^^;)
とにかくオモシロい! 多くの方とこの楽しさを共有したいです!

白糸の滝(泉ヶ岳)
こんな楽しみ方もアリですよね? コーヒータイム(^^)

今回、グラベルバイクに乗るまでは、通勤用でクロスバイクが良いかなと考えていましたが、グラベルバイクの走行性能、走破性を体感すると走行条件が限られるクロスバイクよりも、グラベルバイクの方が汎用性が高いことに興味が向いてしまいました。
・天気を気にせずに乗れる。
・舗装・未舗装など路面の状況を気にせずに走れる。
・クロスバイクは走れる場所に限りがあるが、グラベルバイクは走れる場所の選択肢が多い。
・汚れや傷を気にしなくても良い。
⇒扱いに神経質にならず、純粋に走る事を楽しめる。

 近場にこんな景色を感じられます(^^) 光明の滝(泉ヶ岳)

グラベルロードバイクとは・・・
「gravel」とは日本語で「砂利」を表します。グラベルロードバイクとは、主にダート(砂利道)と舗装路両方の走行を視野に入れた、長距離走行向けのロードバイクの事を指します。近年誕生した新ジャンルで、ダートを走行する事を想定して設計されているため通常のロードバイクよりも太めのタイヤや、悪路でも安定した制動力を発揮するディスクブレーキが装着されているのが特徴となっています。通勤での移動、遊びもこなせる万能タイプの自転車と言っても過言ではないでしょう!

仙台中央店

5フロアまるごとサイクルビル!!

  • 住所:仙台市青葉区中央2丁目4-6
  • TEL:022-398-8195
  • FAX:022-217-8195
  • 営業時間:11:00~20:30
  • 定休日:第1火曜日 (祝日の場合翌日休み)