ファラオの怪鳥 Vストローム1050XTで大地を駆けろ!

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

ファラオの怪鳥 Vストローム1050XTで大地を駆けろ!

今回のBLOGは小難しい説明は抜きにして気持ちで書きたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、早速ですが・・・入りましたよ皆さん。

そうです。とうとうVストロームシリーズの親玉にして最上位機種 『Vストローム1050XT』が入荷したのです。
※お隣はお馴染みVストローム250です。

以前、メーカー主催のミーティングに出向いた時以降の拝見ですが、やはり・・・格好良いでしょうコレ。
今回、デザインを大幅に変えておりまして、その姿はまさに1988年に『ファラオの怪鳥』と呼ばれたパリダカレーサー『DR-Z』と、その市販品となった『DR-BIG』の進化系そのもの。それもそのはず担当デザイナーが開発チームに加わったているが故なのでした。

ちなみに左が当時の記事。謎のモンスターが何かやってます。

80年代のDR800時代はまさかの油冷シングルエンジン! ボア105mmのストローク90mmと非常識なまでの超巨大な単気筒エンジンでした。この度のVストローム1050は安定の90°V型2気筒エンジン。その乗り味は一言で言えば『万能』『優秀』という言葉が頭をよぎる。ごくごく自然な乗車姿勢は快適そのもの。優れたハンドリングと多彩な電子制御を搭載し、これらの作用によって上質な走りがどこまでも続き『アドベンチャー』というカテゴリーの用途としては改善点が見つからない域まで達しているように思う。

質感が高いのも魅力的。これだけ装備が付いていて価格もリーズナブルではないでしょうか。
本日、泉バイパス店に上陸! ニューモデルにつき入荷が極めて少ない車両ですので是非、お早めにご検討ください。
ちなみにそんな希少な車両ですが特価で販売してます。是非、ご検討ください。