YAMAHA YZF-R25 HAYASAKA RACING EDITION

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

YAMAHA YZF-R25 HAYASAKA RACING EDITION

 2019年度にフルモデルチェンジをしたYAMAHA YZF-R25。フラッグシップモデルであるスーパースポーツモデルYZF-R1のDNAをより色濃く受け継いだ印象で外観をブラッシュアップ。ハロゲン球であったヘッドライトは美しい逆スリット型リフレクターを持つLED仕様へと進化し、優れた光量と眩いホワイトの閃光、より鋭利な眼光となって引き締まった印象になりました。 

さらに今回のモデルチェンジに伴い新たに倒立フォークを初採用。また、前後に標準で中空シャフトを採用しバネ下重量の軽減に貢献。定評のあったエンジンはそのままに『アルティメットコーナリングマスター』の名を持つYZF-R1の性能までもを250/320クラスで取り入れた。私が走行したイメージはより剛性が増し、地面の挙動やタイヤのグリップ力をダイレクトに感じることが出来た。そして性能が上がったことで今までよりも加速・旋回時に安定してスパッと曲がる。ハンドルも前モデルよりやや前傾となりトップブリッジもアルミ製(肉抜き)となったことでフロント荷重に重きをおいてスポーティーな走りと品質高い外観を獲得しています。

この度、ゴールドカラーのFフォークを持つ2019年式(2020年式はブラックカラー)YZF-R25をベースにハヤサカサイクルでカスタム車両を作成しました。転倒時にカウリングを守るカウリングプロテクターや、まるでダウンドラフト効果を狙ったエアロの様な形状のレーシングスライダー、タンクパッド等はYAMAHA純正カスタムパーツであるY’S GEAR製(カーボン柄)さすがに純正品だけあって完璧なフィッティングと質感です。

ちなみに現行型のYZF-R25’20はこんな感じ。タンクが艶有ブラックになり、フロントフェンダーが艶無しに、さらにグラフィックも黒くなりフロントフォークもブラックで完全に真っ黒。『俺は黒を極める!』という考えであれば、これはこれで格好良いのですが、古い人間だからでしょうか・・・やはりゴールドフォークはレーシーさがあって捨てがたい。故にベース車両はあえて2019です。

レーシングスライダーやピポットカバーにジェラルミン削り出しのアルミパーツをあしらい、小さなパーツながら全体的な質感の向上とゴールドのフロントフォークと同系統のカラーで中心部とリア部にアクセントとして装着し統一感を生み出しております。カウリングのプロテクションパッド類、純正カスタムメーカーであるプラナス製サイレンサーはカーボン柄・リアルカーボンであることからルックス面での相性も良く、装着されていてもデザインが浮かず上品で自然な雰囲気。フェンダーレスによって跳ね上がったリアビューもスパルタンで格好良く、大人のデカい器と内に秘める闇(無い人もいます)を感じさせます。

個人的に今回のカスタムでどうしても装着したかったのが、このYZF-R25専用設計で開発されたYAMAHA&KYB製の超高性能サスペンション。新型となってフロントフォークの性能は飛躍的に上がってもスポーツ走行時にリアの弱さが目立ってしまっておりました。勿論、一般的な走行シーンであれば十分実用的なSPECではありますが、倒立フォークとなった今、加速して倒し込むのも非常に楽しいバイクにしたかったのです。

このKYB製サスペンションはYZF-R25に最適な設計とし、伸圧減衰調整範囲を共に20段階、スプリングとリザーブタンクには特別色のオレンジカラーを採用。車体左側に装着されたタンクが誇らしく性能面においても今まで以上の快適さは勿論、過激なアクセルワークや攻めの走りを行っても質の高いダンピング性能を発揮し、車体の挙動が緩和され安定感に大きな差が生まれます。 幅広い調整が効く為、乗車される方の体重や走行シーンに合わせてシビアなセッティングが可能で、YZF-R25の持つエンジン性能をより高めることが可能です。(自社にてセッティング可能です)

あえてABSを選択しなかったのは、あくまでスポーツバイクという存在でいたかったこと。サスペンション強化で性能が高まっているので不要とまではいきませんが、『スポーツバイクにABSなんぞ必要無い!』という意気込みと、あとはお店事情になりますが販売価格面があまりに高くなりすぎるとまずいだろうなという理由です。

ぱっと見た感じはあくまで上品。ですが一見しても放つオーラが違い、よくよく見れば高級パーツが要点を得て適正位置に装着されている。あくまで『カスタマイズ車両!』とコテコテにするのではなく純正の良さを残し、性能面と質感向上に必要な部分のみカスタマイズしてブラッシュアップさせた印象です。今回はあえて社外パーツではなく純正パーツで組み上げている為、製品精度も高く、トータル的な仕上がりはあくまで自然。ジェントルな品格があって良いのではないでしょうか。

【車両名】YAMAHA YZF-R25
【メーカー小売価格】555,000円
【吸排気系統】PRUNUS スリップオンマフラー:36,000円
【足まわり】Y’S GEAR & KYB:70,000円
【外装関連】Y’S GEAR カウリングプロテクター:13,500円
      Y’S GEAR フェンダーレスキット:25,500円
      Y’S GEAR プロテクションパッド:8,500円
      Y’S GEAR プロテクショングラフィック:10,000円
      Y’S GEAR スイングアームスプール:4,500円
      Y’S GEAR ピポットカバー:5,000円
      Y’S GEAR リアスタンドブラケット:3,000円
【上記工賃】60,000円
【販売価格】車両本体:555,000円 + パーツ合計:179,500円 + 工賃:60,000円 = 794,500円

SPECIAL PRICE:1台限り 678,000円(税抜)

お値引きは116,500円と大幅に下げております。尚、こちらは泉バイパス店に展示しておりますが、
ハヤサカサイクルグループ各店で販売が可能です。尚、1台限りとさせていただきます。

5月末までであれば初回・6ヶ月・12ヶ月点検時に定評のあるエンジンオイルWAKO’S PRO-STAGE(1L:1,800円)を工賃と合わせて無料。さらに高級ポリマーコーティング施工もプレゼント致します。尚、2.9%(最大120回)特別低金利も対象としますので是非、この機会にご検討ください。

総合管理部 菅野