MTシリーズ ~YAMAHA 2021~

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

MTシリーズ ~YAMAHA 2021~

本日はヤマハの新機種でありますMT-07、MT-09、TRACER-9GTがまとめて入荷してきました。何だか最近のバイクはヘッドライトがヘッドライトらしからぬ造形になってきましたね。丸目ヘッドライトの時代が懐かしくて仕方ねェぜ! とはこのことです。ですが、このヘッドライト、はじめこそインパクトがありますが、1度~2度~3度と繰り返し見ていくと、非常に愛らしい顔に見えてくるじゃ~ありませんか。噛めば噛むほど味が出るスルメの様に見る程に格好良く見えるマジック。

こうあるべきだ!』という今までのバイクに対しての先入観があると抵抗があるのは致し方ないのですが、時代も流れましてLEDが主流となり、車検対応としながら採用出来る時代になったのだなと感じますね。元々のストリートファイターの語源はスーパースポーツバイクのカウリングを外してネイキッド化したスタイルから来ているので、汎用ビキニカウルを装着したかの様な禍々しさ、スパルタンな雰囲気はむしろカテゴリーのコンセプトに合っているなと感じます。

続いてエンジン。270度クランクの並列二気筒エンジンの07に対して不等間隔爆発を生み出す直列3気筒の09。 共にフラッグシップモデルであるサーキットマシン『YZF-R1』に搭載されるヤマハの専売特許エンジンに採用される『クロスプレーン型クランクシャフト』の理想的なトルクカーブを意識した要素をふんだんに取り入れたクロスプレーンコンセプトのエンジン。 今回、さらにブラッシュアップされて走りもサウンドも燃費も全部良くなっております。ガツンとアクセル開けた時のパンチの効き具合、加速具合が非常に愉しい。

特にMT-09、TRACER-9GTシリーズの新形状マフラーは斬新も斬新。もはやサイレンサーなのかエキパイなのかすら判断つきません。こんなことがあって良いのか!という斬新具合。 エキパイから下部まで伸びるサイレンサーは全て一体式で、下から除くと左右に分裂した排気口が拝めます。このサウンドもヤマハのサウンドチューニングによって5,000回転までは乗り手に響く豪快で官能的なサウンド、それ以降は吸気音にシフトしていきエキゾチック・ジャパンによってヒロミ・ゴーとなるそうです(謎)

TRACERはMT-09ベースで前後カヤバ製電子制御サスペンションと進化致しました。電子制御モリモリに対してコストパフォーマンスも良く、写真で見るよりも格好良い。TRACER9GTも異質な風貌なのですが見る程に『アレッ!? 意外と格好良いかも。』とジワジワ来るフェイスです。恐らく共通しているのは全体的なバランスと各パーツの製品精度が高いので高級感があるからだと思われます。見て良し走って良し、気に入って頂ければ最高の相棒になることでしょう♪

ご成約車も多いので一定期間になってしまうかもしれませんが、現在は泉バイパス店に展示中です。現車確認をしたい方はお早めに!

ハヤサカサイクル 泉バイパス店

国内4メーカーは勿論、ベネリ、サーロン、輸入モデル、レンタルバイクまで正規取扱いが可能。常時200台以上、東北最大級のラインナップの中からお客様に似合ったバイクをご提案致します。メカニックはメーカー最高位資格が多数在籍しワンランク上のアフターサービスやカスタマイズも充実。ツーリング・イベント等のバイクライフまでトータルサポートいたします。

  • 住所:仙台市泉区松森字後田81-1
  • TEL:022-374-7856
  • FAX:022-374-7857
  • 営業時間:10:00~19:30
  • 定休日:毎週火曜日 (祝日の場合は翌日休み)