YAMAHA×FINAL MODEL

重要なお知らせ | ハヤサカサイクル各店の営業日時が変更になります。

YAMAHA×FINAL MODEL

 ここ最近、YAMAHAでFINALとなるモデルで多く発表されているのはご存知でしょうか? そうです。あのSR400とSEROW250が間もなく姿を消します。 普通に残念です。この2機種は本当に長い歴史があるバイクで我々の様な二輪業界の中でも『鉄板商品』としてオススメでき売れていたバイクです。これは当社のみならず同業者内でも『SEROWとSR無くなったら何で生計立てんだよ!』となる程に残念。 店員としても1人のライダーとしても生産終了・後継機種無しというのは非常に残念です。

オフロードモデルの中にも厳密にはダートを攻めるのに適した仕様とオフロードを意識したモデル、またはその中間に位置するモデルとがあります。その昔はSEROWにはじまりWR、KLX、シェルパ、XR230/250等、オフロードの中でも用途に分けた仕様があり、モタード仕様等も含めればラインナップも豊富でしたが年々と車種が少なくなっていき今に至ります。

柔軟な足まわりとしなやかな骨格、熟成を極めたエンジン等、トータルのポテンシャルが高く愛されたSEROWでしたが次期後継機種はもう無いそうです。 同じくSR400はメーカーでもこだわりを持った職人仕上げで製造を行い、各部の造形や品質に対して通常のライン作業とは別ラインでしか仕上げられない高品質なモデル。 時代の発展と共に進化する電子デバイスは最小限に留め、あくまでアナログで昔ながらの乗り味を追求した1台。共に大きく変わらない中で進化させる為に発展を遂げてきた古の美学がとうとう終わってしまうんですね。

YAMAHA SEROW250 FINAL EDITION  
希望小売価格:588,500円 ➡ 538,000円(税込)

SEROWに関しては昨年にFINAL EDITIONを発売し、既にメーカー在庫は無い状態です。
当社としても随分前に先駆けて確保した車両がここ最近になって一気に売れてしまい間もなく尽きようとしています。
もしかしたら明日には無いかもしれないレベル。

YAMAHA SR400 Final Editon
希望小売価格:605,000円 ➡ 558,000円(税込)

SR400FINAL EDITIONに関してはまだ幾分ありますが、それでもメーカーの生産が追い付かずメーカーで新たな受注は打ち切った状態で、先駆けて我々が発注した車両をバックオーダーとして生産・出荷している状態。ですので、当社の場合 先を見ればまだ手には入れられますが、今年乗りたいお客様はお早めにご決断して頂かないと納期がかなり延びてしまい来年となりかねません。

昔は頼めばすぐ来て欲しい方にお渡し出来たのですが難しい時代になったもんです。
特にコロナの影響は予想以上に大きく、全メーカーすぐ来る車両はほぼありません。中には注文すら出来ないものも多くあります。

今、各店に並ぶバイク(自転車含む)は数カ月前に注文したものが入荷している状態なので、在庫を持っている・お渡しできる車両がある。入荷予定があることすらまだ良しとしなければなりません。ということで是非まだあるうちにハヤサカサイクルへ!

※誠に勝手ながら車両確保に限りがある為、地元販売を主とし遠方販売・通信販売は行っておりませんのでご理解の程、宜しくお願い致します。