とってもレアなスプリンター!!!

重要なお知らせ | 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う当社の対応について

とってもレアなスプリンター!!!

こんばんわ~

上杉本店の主任です

 

やっと晴れ間が見えてきました

先日、お盆にツーリングをして、虫だらけの愛車をやっときれいにできました

これで、気持ちよくどこか行きたいですね~

 

さて今日は、珍しいバイクをご紹介いたします。

 

スズキのWOLF125です。

 

当時、ハイスペックだったRG125γのネイキット版です。

RG125γはカウルがついてガルアームのスイングアームに倒立タイプのフロントフォークを装備しておりましたが、

カウルをなくし、足回りも正立フォーク。

スイングアームも角型パイプでシンプルなデザインのストリート向けに変更されたモデルがウルフ125です。

 

前オーナーが大切にしていたと思われるコンディションで出てきました。

 

エンジンは、水冷2サイクル単気筒。最高出力22ps/10,000rpmを発揮するエンジン

当時の2サイクルでは、かなり高回転まで回るエンジンです。

車両重量も、乾燥重量で115㎏と超軽量

 

 

 

現行のGSX-125Sで15㎰/10,000rpm、車両重量が133㎏

スペックを比べていただけば一目瞭然

超軽量スプリンターですよね

 

気持ちよく加速していきますが、2STの場合弱点もあり、

パワーバンドを外すと加速しない。

エンジンブレーキは、効きにくい。

ゆっくり走ったり、エンジンをかけ損じるとプラグがかぶります。(しばらく再始動できません。)

 

でも、弱点を吹き飛ばす加速感は、病みつきになりますよ~

 

装備はいたって普通です 

リアにはちょっとした小物入れがついています。

ヘルメットホルダーと兼用のキーシリンダーを回すとシートが開きます。

 

最近では聞く事が無い、2サイクル特有の乾いたサウンドを醸し出すチャンバータイプのマフラー

真後ろに付くと、オイルが飛んでくるので注意

 

いいところも悪いところもありますが、とっても珍しい一台です。

興味のある方は、ご来店下さい。

 

但し購入をお考えであれば、古いバイクであることをお忘れなく

 

 

只今、ハヤサカサイクル各店で、にふさわしいTHESALE を開催中

 

 

みなさんのご来店お待ち致しております